歌舞伎初心者も思いっきり愉しめる面白恐さ 坂東玉三郎さん演出・出演「怪談 牡丹灯籠」

七月大歌舞伎(夜の部)を観に行ってきました!
演目は、「一谷嫩軍記」「怪談 牡丹灯籠」。

玉さま、エビ様、春猿さん、香川(中車)さん、猿之助さん・・と、歌舞伎に詳しくない私でも知っている方ばかりの大変豪華なキャスト!

 

2015-07-14 18.18.21-1
怪談なので(?)、本日の手ぬぐいはゲゲゲです♬
※着物の際、食事等の時に大判のハンカチ代わりに手ぬぐいがあると便利なのでいつも持つようにしています。

 

「一谷嫩軍記」は先日文楽でも見られたので、演出や差や、人形と生身の役者の違いなど新しい発見があり新鮮でした。
その時の記事はこちら⇒人形にいのちを宿す 二代目吉田玉男さん襲名公演にて

 

そして2つめの演目「牡丹灯籠」。
今回は、大西信行氏の脚本から坂東玉三郎さんが新たに演出・出演したもの。
これをとても愉しみにしていました。

私が初めて歌舞伎座で見たのは、同じく坂東玉三郎さん演出・主演「天主物語」。
美しくて幻想的な、なんとも不思議なその世界に魅了されました。
それ以来、機会があると歌舞伎座に足を運んでいます。

参考記事:坂東玉三郎さん演出・主演「天主物語」を観に。
 

「牡丹灯籠」は、夜の水面に浮かぶ船と月明かりという何とも幻想的なシーンから始まる怪談。

客席の頭上を牡丹灯籠が飛んでいったり、薄暗い中で効果的に放たれる光に恐ろしさをあおられたり。仕掛けを愉しみながら目にも涼しくて美しい演目でした。

ストーリーは、原作の落語を作った三遊亭円朝氏が合間合間に登場し、話を語りながら進みます。(大西脚本の特徴なのだそう)
ほぼ現代語(大河ドラマくらいの感じ)のセリフ回しで、言葉もストーリーもすんなりと頭に入ってくるので、すごく見やすく思いっきり愉しめました。(歌舞伎初心者にとってもオススメな演目かも?なんて思いました。)

幽霊の手助けをして成り上がる伴蔵役を市川中車さん(香川照之さん)、その妻お峰役を玉三郎さんがコミカルに演じ、恐いけれど面白い!
お2人の軽妙なセリフ回しがすごーく良いのです。
面白恐い、というのがぴったりな言葉かも。(幽霊よりむしろ女(人間)がきょわい!? ぜひ実際の舞台を観て頂きたいです。)

現代劇役者暦が長い中車さんには、映画やドラマの人というイメージを持っていたのですが、この人やっぱり凄い!!と引き込まれました。素人目に見ても、舞台上で歌舞伎役者に負けない存在感。

 

若手を育てることに注力されているという玉三郎さん。
プログラムのコメントでも、
「夏芝居で、演劇的センスを凄く持っている中車さんの良さが生きる演じ物が良いと思ったんです。(中略) 初役の人が多いので、演出としては全体的に目を向けるようにしたいと思います」
と書かれていました。

主観ですが、市川海老蔵さんも、他の演目で見た時より玉三郎さんと共演する時の方が素敵に見えた気がしたり(牡丹灯籠はおとぼけ役で登場でしたが凄く魅力的だった!!)、きっと配役や稽古でのやり取りから玉三郎さんに磨かれていかれたのでは?なんて思ったのでした。
 
そしてやはり、とにかく玉三郎さんが美しい。今回はお姫様役でも何でもないのですが、目を離せなくなります。
ちょっとした仕草や小さな表情にもたくさんの変化があって、もっとお顔もしっかり観たかった。今度はオペラグラスも持っていこう。
(個人的なお勧め席は2階の花道真上(向かって花道の右側)の席。少し距離はありますが、全体も表情も愉しめます。小柄なので段差があるのも魅力。)

 

歌舞伎座は、東銀座駅を出た所から非日常を味わえる場所。
今回も日中の仕事をバタバタと終えて大急ぎで行きましたが、着いてしまうとクタクタだったことも忘れて愉しめます。
イメージとしてはディズニーランドの非日常感に近い??なんて思ったり。
若い方も多いし、案外気軽に行ける場所。
チケットのお値段(とはいえ一番良い席でもディズニーで1日遊ぶのと同じ位!)や何となく敷居を感じる所はあるかもしれませんが、思い切って一度体験してみては?と思います♬

 

2014-07-28 17.28.56

東銀座の改札を出て歌舞伎座の地下に入った所。(昨年の写真)
お土産など歌舞伎グッズが色々。ここはチケットが無くても入れます。

 

2014-07-28 17.29.25-1
去年の写真。くまもんがゴエモンになってた!!

 

 

botantouro

そして歌舞伎座の正面は何とも言えず大迫力で、「来たぞー!!」という気分になります。笑
今回は牡丹灯籠ということで牡丹色の着物で出かけました。
PCバック持っててナンですがとっても愉しかった!!

 

☆詳しいチケットや公演情報はこちらのサイトへ
歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎座美人-かぶきびと-
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/
 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA