自分の心と向き合う。「大人の絵日記講座」に行ってきました。

絵日記講師 塩崎 沙和さんの「大人の絵日記講座〜はじめて編〜」に参加してきました。
 
大人の絵日記講座はじめて編
ーーーーーーーーーーーーー

「大人が絵日記??」
と不思議に思うかもしれません。
子どもの頃の夏休みの宿題の印象が強いから。

大人のための絵日記学は、
言葉と絵の双方から、
自分の心と向き合う為にとても有効なツールです。

「自分にとっての答えは何か?」

『自分が生きる上で本当は大事にしたいもの』を
見つける力を育てる絵日記の使い方です。

目に輝きがあり、凛として、
真ん中に一本芯の通った大人になりたい人には
とってもおすすめ。

[講座内容]

1:「大人の絵日記」ってなんですか?
…何故「大人」に必要なのかを解説していきます

2:「書く」と「描く」
…言葉と絵の双方から自分を見つめる為の書き方について説明します

3:かいてみよう!
…この講座で習ったフォーマットに沿って、絵日記を作成します

4:これから絵日記を続けてみようと思ったら
…楽しく継続する上で大事なポイントをお伝えします

(講座紹介より引用)

ーーーーーーーーーーーーー

 

実はこの講座、昨年にも一度受講していました。
その時の記事:シオザキ サワさんの【 大人の絵日記講座 】に行ってきました。

 
別のプロジェクトでご一緒させて頂いているご縁で、サワさんのお話をうかがう機会があり、以前より内容がパワーアップしている事を知り再受講することに。
今回は、前回から心に残っていた「心のコア」とそれを見つけるための絵日記活用術をしっかり伺えたら・・と会場に向かいました。

 
改めて受けてみて・・・・
 
行ってよかった!!(素直すぎる単純な感想ですみません。笑)
 
 

全体を通して感じたのは、自己肯定感を無理なく高められる方法を、自分が本当にしたかった事って何だっけ?という芯の部分を見つける術を、自己実現への道のりを、自分の力で学べる場なんだなということ。
それがすごく心に響くし、絵日記を通して私にも出来るんだ!って思えたことが嬉しい。

なんて書いていると、なんだか怪しく見えるけれど、サワさん自身がそれを体現しているから嘘くさくなく、ちゃんと心に入ってくる感じがいいなぁ、好きだなぁって思った。

 

サワさんの言葉では、「大人心・子供心・コア」という三層構造で「心」が解説される。

「大人心」でがんじがらめになってしまった「子供心」や自分の中心にある「コア(本心やミッション)」にしっかりと目を向け心の声を捉える。
これが言葉だけだったり、1度エイヤ!!と向き合うだけではなかなか見つけられない。(サワさんは日々絵日記をかくことで自然と向き合って見つけたそう。)

大人になると、恥ずかしかったり遠慮しちゃったり自信がなかったりで素直に言えなかったり見失っているものに対して、光を当てて真摯に向き合う。
それってすごく素敵なことだし、自分の人生を生きる上でとても重要なことだと思う。
こじらせて苦しまないためにも、ちゃんと素直にならなきゃね。

 
「知る」だけではなく、「わかる」ことを大切にしているこの講座。
「体験(体感)」することで「腑に落ちる(わかる)」ために、キネシを活用したワークも入っていて、それがまた面白い。
心に素直なアウトプットには身体は正しく反応するのだけれど、嘘をつくと身体からは力が抜けてしまう。
ああ頭より身体はちゃんと自分の心の事をわかっていて騙せないんだなって実感する。
 

日記やノートの効能って、自分でアウトプットとインプットを循環させられるところが大きいと思うのだけれど、言葉にすると見えなくなってしまうものを絵にすることでその精度があがる。
それを読み返した時に得られるものが増えるし、後で別の事を感じるかもしれない。
そういう無意識も含めた思いの記録が自分の感性を研ぎすませていけるのだなと思う。

 

最後に印象的だったのが大人心を否定しない(“大人心は悪者”じゃない)ということ。
絵日記を通じて、自分の子供心やコアを正しく認識して、「自分のコアにあった大人心を育んでいくんだよ」と。

サワさんが自分の心の声をしっかりと聞いているけれど、決して子供っぽかったり未熟なのではなく、素敵な人(大人)なのは、ここなんだなと理由が少しわかった。

絵日記を日々かきながら内省することで、自分が何者なのかを知ってそれをちゃんと受け入れてあげる。
自分の子供な所を最後に受け入れるのは大人の自分。
それが出来るのが真の大人なんだなって納得したのでした。

 

2015-08-30 19.17.54

 
この日のワークでかいた絵日記。
一番のびっくりポイントと、心に残った気づきとその感想。文字と絵で。
同じ内容を受けていても人によって書き残す事も絵も様々。
みんな違っていておもしろい。

感性や魅力を高められる、無理のない素直な“らしさ”で生きられるように日々自分と向き合うツールとしての絵日記。
私も続けてみようと思います。

 

/////////////////////////

次回は、9月13日、9月29日にはじめて編開催とのこと。

なんだかこじらせてる気がする、生きづらさを感じる・・という人や、自分の個性ってなんだろう?魅力って??と悩む人、自分らしく人生を歩みたい人にお勧めの内容だと思います。
講座を受けて、「感性が磨かれる」「魅力がアップする」ということの意味がわかったのも興味深かったですよ。

詳細:
9月13日https://www.facebook.com/events/1004939372891220/
9月29日https://www.facebook.com/events/499363083566181/

大人の絵日記学

公式サイト:大人のための絵日記学!
FBページ:大人のための絵日記学!

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家 衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。 「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2015-09-04 | Posted in blog, 心のこと・考えたことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA