テレビを介して家族をつなぐ新サービス「まごチャンネル」

9月14日より、Makuakeにて先行予約受付が始まった「まごチャンネル」。

ネットがなくても、スマホやPCが使いこなせなくても、スマートフォンで撮影した写真や動画を、テレビを通じてすごく簡単に共有できる。遠く離れて暮らすおじいちゃんおばあちゃんとの距離をグッと縮めてくれるサービスです。
クラウドファンディングにて先行発売中ですが、すでに目標額の300%以上をたたき出し(!!)、大変注目されています。(今夜のワールドビジネスサテライト「トレたま」にも登場していました!)

 

mago
https://www.makuake.com/project/mago-channel/

写真に写っている白いおうちが「まごチャンネル」の受信ボックス。写真や動画が届くと窓の形をしたあかりが灯ります。
かっかわいい。

 

使い方は本当にシンプル。
実家のテレビにコード1つでこのおうち型セットトップボックスをつなぐだけ!
テレビを見る感覚でリモコンを使って操作ができます。(1チャンネル、2チャンネル・・まごチャンネル!という感じ!)
送る側も専用アプリで写真や動画を撮影する(またはアップロードする)と簡単に送れます。

さらにこのサービスの素敵な所は、実家でまごチャンネルの視聴が始まると専用アプリを通じて通知が届くこと。
「あ、今見てるんだぁ」と送った側がわかるので、「せっかくだからこのタイミングで電話してみようかな?」なんて、家族のコミュニケーションのきっかけ作りにも一役買ってくれる可能性を秘めています。

 

こちらの動画では、このサービスを開発された株式会社チカク社長のカジケンさんこと梶原健司さん(イケメン!)がニコニコわかりやすく紹介されています。ご覧になるとより詳しくご理解いただけそうです。

 

私にはまだ子供はいませんが、このサービスに関連して思い出すことが2つありました。

ひとつは先日帰省したときのこと。

先月、3年ぶりに夫の田舎に帰った時、私がたまに送る夫の写真に義母がいたく喜んでいることを知りました。
夫(息子)はもう30代半ばの中年男子。愛くるしい小さい子供の写真では全然ないのだけれど、それでもやっぱり子供の姿を見るのはお母さんは嬉しいんだなぁ・・って。

もう1つは、昨日の日記にも書いた結婚式のあとのこと。

当日撮影した写真を欲しい!と親族から頼まれたのですが、スマホが使える世代は画像共有はURL一つで出来るし、LINEで繋がっていた従兄弟たちとは式の最中からリアルタイムで共有できた(遠隔疑似参加!)一方で、ガラケーユーザーや年配の方にはすぐ渡せず・・・。
メールでもままならないので(すぐ見たい!と言われたので、あれこれwebでの見方を教えるも上手くいかず・・・)、結局、紙に出力するフォトブックの形で送ることになりました。
そんなやり取りをしていた昨日は、「いでよ、まごチャンネル!!」とシェンロンを呼び出すごとく念じておりました。笑

 

2015-09-14 18.21.27-1

先日行われたお披露目会で、デモ機を触らせて頂いてきました。
ほんとにシンプル操作で、発信する側も見る側(おじいちゃんおばあちゃん)も簡単。
おうち型の受信機に新しい動画や写真が届いた際、窓の形に明かりが灯ってお知らせしてくれるのを実際見られたのも嬉しかった。

 

「人がテクノロジーに合わせるのではなく、テクノロジーが人に寄り添う。」

カジケンさんの言葉です。
当たり前のことだけれど、なかなか難しい。テクノロジーってこんなにあたたかい使い方があるんだなぁってこのサービスを通じて感動しました。
 

私のまわりの子供を持つ友人たちにも、このサービスを使いたい方はきっと多いはず!
Makuakeにて特別価格で先行発売中なので、ご興味ある方は下記のリンク先をご覧くださいませ♬

 

▶Makuakeでクラウドファンディング中!
スマホで撮って実家のテレビへすぐに届く!IoTサービス「まごチャンネル」
https://www.makuake.com/project/mago-channel/

 

(参考記事)TheWaveの記事
祖父母のテレビに孫の動画を簡単転送 Apple日本法人元社員開発
http://thewave.teamblog.jp/archives/1039870061.html
 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家 衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。 「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2015-09-23 | Posted in blog, おくりものNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA