マグリット展  〜言葉とイメージ〜

額縁のような入り口が印象的だったマグリット展。

2015-04-22 15.39.13-1
絵画の前だけでなく、彼の言葉が書かれたパネルの前でも長い時間を過ごした。

言葉とイメージについてのマグリットの指摘が興味深い。

言葉によって縛りが生まれるとは、まさに「名とは呪(しゅ)である」だなぁ。
でも「その逆もまた然り」と考えるのがマグリット、らしい。

 

「シュルレアリズム革命」読んでみたくなった。

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家 衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。 「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2015-04-22 | Posted in blog, 美術館・ギャラリーにてNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA