クラシノキカク

マグリット展  〜言葉とイメージ〜

額縁のような入り口が印象的だったマグリット展。

2015-04-22 15.39.13-1
絵画の前だけでなく、彼の言葉が書かれたパネルの前でも長い時間を過ごした。

言葉とイメージについてのマグリットの指摘が興味深い。

言葉によって縛りが生まれるとは、まさに「名とは呪(しゅ)である」だなぁ。
でも「その逆もまた然り」と考えるのがマグリット、らしい。

 

「シュルレアリズム革命」読んでみたくなった。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA