相手を思い浮かべながら選ぶ、晴れの日の装い(結婚式・訪問着)

大切な友人の結婚式へ。
とても素敵で、2人の人柄表れる心温まる時間でした。

2016-05-22 16.05.50

 

私の着物姿に「今日にぴったり!」と新婦が喜んでくれたのがすごく嬉しかった。
ファッションプロデューサー、スタイリストとして活躍する彼女の事を思い浮かべながら気合いを入れて選んだ組み合わせ。

思いが通じ合った気がして。

 

お祝いの席への装い。

お洋服でも同じなのだけれど、柄on柄の合わせに帯揚げや帯締めで色を重ねていく着物ならではの可能性が私は好き。

帯留めやアクセサリー、小物の合わせを考えたり可能性は無限大。

普段は、季節や自分の年齢やタイミングに合ったものを好きに選ぶ楽しさがあるけれど、お祝いの席は、主役のことを思い浮かべてアレンジを加えていく。

大切な人に思いを馳せる時間、幸せなひとときですね。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2016-05-29 | Posted in blog, 着物・浴衣, WeddingNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA