おくりもの


今日はホワイトデーでしたね。

昨年から気になっていることばの1つ「贈与」。

最近、内田樹さんと岡田斗司夫さんの対談本

評価と贈与の経済学」を読みました。

※あ、タイトル固いけど、サクッと読める素敵な対談本です。

「人のお世話をするというのは、かつて自分が贈与された贈り物を時間差をもってお返しすること
(中略) 反対給付義務の履行なんですよ。」

っていう内田先生の言葉がすごく残っています。

「こんなにしてあげたのに見返りがないなんてヒドい!」とか
「私たちは搾取されている!不公平だ!」っていうのは変だよね、と。

贈与は自分を始点に「与える」事から始まってるんじゃない。

自分がそれを出来るのって、これまで誰かにしてもらってきたから。

親への恩返しなんてどうやったって子供に出来るもんじゃないと思うけど、
次への恩送りなら自分でもできるのかもしれない。というかやらなくちゃだよね。

これを岡田さんは「パス」と呼んでいて、とってもわかりやすかった。

私も人から貰ったパスを次の人に渡さなくちゃなぁと思った次第です。

あんまり関係ないけど、写真は、自家製マーマーレード。
今年のホワイトデーの贈り物にしました。
四国に住んでるへらい(夫)ママから送ってもらった伊予柑で作って、お礼に実家へ送りました。
もらったものを加工しただけって、ほんとにこんなお返しでスミマセン・・
だけど、喜んでくれたへらいママ。優しいなぁ。。

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA