へらいの好きなもの その2


その1では、アイス(とりわけガリガリ君)への愛をご紹介しました。

今日は、もう1つの、無いと死んじゃう?!んじゃないかというもののご紹介。

それは、

  ジャンプ  

飛び跳ねるんじゃなくて、あの集英社さまの「週刊少年ジャンプ」ね。

まだ字の読めない頃から(お母さんに読んでもらってたそうな。漫画の読み聞かせキタ!)始まって、
もう20年以上買い続けてるんだって。

一途な愛ってヤツ( ? )です。

長期旅行、特に海外に出掛ける時にへらい(夫)がまず心配するのが、

俺がいない間のジャンプどうしよう・・(誰かに買っておいてもらわないと。。)

ということ。

旅行中、ジャンプ切れになると元気がなくなります。
好きというか、中毒?!

↑ジャンプ切れするとこんな感じ。


具合が悪くても買いにいきますから。

※「風邪っぴきのときに叱られるの図」はこちらの記事。

【 へらい幸せの時間の図

ジャンプとガリガリ君があればかなり幸せなんだそうな。

 

こりは、今年の「ジャンプ初め」の図↓
お正月あけ最初の楽しみ。

こんなアラサー男子って・・・と、
ツッコミどころはありつつ(むしろツッコんでやりたい、ツッコんでください!!)、
何にしても、小さい幸せが日々いっぱいあることは良い事だと思います。

( 何てったって、毎週やってくる幸せですから♬ )

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA