夏の涼を感じる。7月のお稽古

今朝は久しぶりのお茶のお稽古へ。

日常の中にある季節の移り変わりを見つけて、そっと切り取ってかざる。
お茶席のそんな一面がすごく好きです。

今日も、賑々しいイベントとはまた違った日常にある夏の魅力を再発見できたような気がして、心が躍りました。

 

2016-07-08 10.28.39

涼やかな籠に生けられた瑞々しいむくげ。夏だぁ。

 

chawan

笹に短冊の絵柄のお茶碗。

 

2016-07-08 10.36.36

主菓子もとっても涼やか。プルプルで活きの良い本物の鮎ようでした。
(器から取り出す時に私の鮎さんはツルリとお隣に逃げて行きました・・・)

 

お稽古では、「洗い茶巾」というお点前をさせて頂きました。

2016-07-08 11.49.42

ガラスの器に水を張ってお道具を乗せて、お客様の前で茶巾を絞る。
水音が心地よく響く、目にも音にも涼やかなお点前。

横に写っているのは、モネの睡蓮のキャンドルグラスをお棗(なつめ=お茶を入れる器)に見立てたもの。

私のお点前は間違いまくりで、いとお見苦しだったけれど、夏の涼を大いに愉しむ時間でした。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家 衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。 「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2016-07-09 | Posted in blog, お茶・茶道, 日本のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA