おさんぽ中の楽しみ 番外編


我が家にやってきて、もうすぐ1年のチビたち。

人間にだいぶ慣れてくれて、ビビりのむじさんですら、
お休み中に突然小屋の中に手を突っ込んで掃除を始めてもかわまず寝ている始末。
(小動物としての危機管理的に大丈夫か?!というのはさておき)

なかなか慣れてくれなかった先代のHANZもゆっくりながら最後は慣れてくれて涙したのを思い出します。
(詳しくは、ハンズがウチにやってきた!の記事で。)

同居している動物たちとお付き合いしていく中でのこういう変化は本当に嬉しいものです。

中でもぼたんさんのフレンドリーさはハムスターの域を超えている気がします。
なんだかとっても人懐っこいのです♡

おさんぽ中も、
人間が部屋に入ってくると、「遊んでーっ」と言わんばかりに突進してきて、身体によじ上ってきます。

 


ハムスターは個人主義の動物で、ネコ以上に触ったりされるのが好きではない傾向にあります。

お世話しているうちに信頼してくれるのか、甘ちゃんになってくる傾向はあるのですが、
ぼたんは、触られるのを許すどころか、人を追っかけ回すレベル!
寝っ転がっていると、よじ上ったり、かけているタオルケットに潜ってきたり、幸せなスキンシップ時間が訪れます。

 

忙しい時は、喜びつつも逃げ回る飼い主たち。
ハムスターに追い回されるってどんな図!!(極幸!!)

そんなぼたんさんのおさんぽ中。
ばあや(ばくらの母)は、たまに襲われております。。

ハムの散歩している部屋はクーラーの効きがいいので、風呂上がりの母がくつろぐ部屋でもあります。

ぼたんさんの狙いは、髪や肌についたオリーブオイル。
なんだか美味しいニオイらしい・・・・。
女子力高いな、オィっ。


寝そべる母に突進&腕をぺろり・・ていうか、ガブり?!(゚o゚川)ヒーッ

これがほんと肉食女子?!
ぼたんさん、イマドキのオンナですな・・・。

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA