ぼっぼっぼたん

うちの愛娘、ぼたんさん。

1歳の女子ハムスターです。
ぽてぽてしてて可愛いぼたんさん。

テーマソングは、

「しょっしょっしょじょじ~(タヌキがおなかをポンポコ叩く歌)」のメロディにあわせて

ぼっぼっぼたん~♬」です・・・。(呼ぶ時によく使う。)

※似てるけど、ドッドッドリフではない。

 


背中にボタンのような模様があるから「ぼたん」と名付けました。

女の子だから、お花の名前とも掛け合わせていいかなと思って。

 

けっして、

イノシシみたいだからでも、ボタンが好きだからでもありませんっ。

しかし、名前とは怖いもので・・・

陰陽師 安倍晴明のセリフに 「名とは呪(しゅ)である

というのがありますが、ぼたんさん、まさにそんな感じです。

イノシシのように突進し、バリバリと壁を突き破るパワフルな子 に育ちました。。

もうっ鍋にして食べちゃうぞっ! (←愛情表現です)

そして、ボタンが大好き

まさかの・・・です。

昨年の冬。
うっかり置きっぱなしにしてあった私のコートのボタンは
ぼたんさんのおさんぽ後、見事に無くなっておりました。
(その後、小屋の中に大事に置いてある見るも無惨なボタンたちを発見・・)

 


こちら写真は、妹の膝の上で、ポッケのボタンを狙っているところ。

 

この後、結構しつこく強奪にトライしておりました。

我が家に来て早々から、人間を怖がらず、なんだかとっても人懐っこいぼたんさん。
先日の記事にも書きましたが、おさんぽ中にかまってちゃんなのも愛おしい。

ナデナデされてまんざらでもない。というかウットリ。


あげくには、人に毛繕いまでさせています。
毛繕い外注って、どんだけセレブ?!
(´Д` )


元来、ハムスターは綺麗好きなので、だいだいの子が自分で丁寧に身だしなみしてから出てくるのですが、
ぼたんさんは、なぜは毛繕いが雑。いつもガビガビ。。


見かねてガーゼでフキフキしたら、嫌がるどころか眠ってしまう始末。

 

 

こらこら、ちゃんと自立したレディになりましょうね。

と、言いつつ、メロメロな飼い主なのでした~。

 

ハム達が我が家になってきてそろそろ1年が経ちます。

元気なチビ達に幸せをもらっている毎日。

近々、むじ(息子)の事も書こうと思います!

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA