『自分を変える家事道場』 開催レポート♬


先の土曜日(9月28日)に、『自分を変える生活道場』を開催致しました!

(なんと今回、ブログ告知前にほぼ満席!告知後すぐに完全満席となりました!
多くの方が注目している、必要を感じている課題なのだなぁと改めて。。)

一緒に開催したのは、おうち起業家で主婦デザイナーとしてご活躍の大澤和美さん。
大澤さんのブログはこちら→

※開催直後に内容について詳しく書いてくださった大澤さんのレポートはこちら⇒
(とてもお忙しい方なのにさっそくのレポート執筆!
この仕事のパフォーマンスの高さの後ろには、大澤さんの旦那さまの素敵な家事参加の存在があります♡)

 

大澤さんのレポートに今回の実施内容を詳しくまとめて頂いているので、
私の記事では、この企画への想いと当日を終えて感じた事など中心に書かせて頂こうと思います。

 

今回の企画は、
男女共にお仕事をする家庭が一般的となっていく現代において、
お仕事も家庭も充実させるためにはお互いの家事参加が大切!
まずは家事について基礎から知って頂き、生かせる事から始めていただければ・・と考えて立ち上げました。

おうち起業家を応援する大澤さんと、おうち起業家として活動を始めた新人のわたくし小俣。

私も以前は「家で仕事しているんだから家事はしっかり頑張らないと!」と思って病みそうになっていました。
(今思えば、そりゃ無理だ!っていう話なのですが。。何か出来る気がしてしまうのですよ、最初は。)
夫は「出来ないこと無理してやらなくていいよ」と言ってくれる人でしたが、私が上手く回せず・・・。
家で仕事するようになって、まず悩むところなのかも、と思います。
(私も大澤さんに色々とアドバイスをいただいていました。)

「申し訳ない」と思って全部やろうとしないで
もっと相手を頼る=信頼するということが大切なんだなと思います。
(相手も、こちらの救いになっている事、役立っている事を喜んでくれて二重に嬉しかった)

そして、一緒に家事をやるようになると、
しんどい作業が楽しい時間になったりするので驚きです。
(しんどさ半減、楽しさ倍増~♬がホントに訪れます!不思議!)

これは、ぜひみんなに知ってもらいたいなぁと個人的にも思っておりました。

※我が家の家事の話や理想の家族の記事はこちらにも書いています。
へらい(夫)のイクメンぶりが神!の報告
夫の家事
おもてなし、おもいやり

今回ご参加くださったみなさまは、
自分の生活力を上げたい」(なんて意識高い!)
家族を助けてあげたい」(なんていい人!)という素敵な方々。

特に男性という限定をしていたわけではないのですが、なんと、ご参加者は全員男性
(つまり、上のコメントくださったのはみんな男性なのです!なんて素敵!!ニッポン万歳!)

講座開始時の自己紹介で上記のようなみなさんのコメントを伺っていて、
男性の家事への関心の高さ、家族への思いやりの気持ちに感動しました。

 

「気になっているけれど、実際何をしたらいいのかわからない」
というのが本当のところなのかなとお話を伺ったり、我が家の事を思い出して感じました。
(結構ここで止まっている事が多いのかもと思います。)

家事って、毎日の事なので大変は大変だったりするのですが、難しいわけではない!
知って練習すれば誰でも出来るようになる事です。
なので、まずは意識を持つ事、知る事が出来れば絶対上達します!!
(つまり意識に上がってワークショップに参加している時点であとは上達あるのみ♬)

事前のヒアリングで、超初心者の方も複数人いらっしゃったので
基本からおさえるお料理教室を中心に、便利グッズをご紹介してのお掃除レクチャーも行いました。

調理実習では、
包丁の種類・持ち方・切るときの姿勢、切り方から、簡単なお出汁のとり方。
お米のとぎ方・炊き方(炊飯器を使ったお手軽なゆで卵の作り方も!)。
季節の食材について(秋なので、おいもやカボチャ、キノコ類など!)のご紹介と調理方法。
綺麗に洗い物をするポイントや、ラップを失敗しないでカットして使う方法(←意外と重要です!)などなど。

メニューも、切ってチンするだけ!!電子レンジで簡単につくれるメインのおかずや、お味噌汁、サラダ。
基礎を押さえながらの簡単調理法で、ご自宅でご自身でもすぐに始められる内容を用意しました。

電子レンジ用のラップ使い。綺麗に切れました。この形にも美味しくする秘密があったりします。

 

初心者の男性ばかりという事もあり、
普通の男女混合のお料理教室では遠慮してしまう方も積極的にチャレンジして、
わからない事は聞いて、再度やってみて・・・という流れが自然に。
手つきなど気になるところがあればその場でお伝えしました。
しっかり取り組んでくださるので、横で見ていても上達している様子がうかがえる程。

そして出来あがり!

できあがったお料理を嬉しそうに撮影されているご参加者。(なんだか私も嬉しい♬)

 

ワークショップ終了後のメールなどのやりとりでご参加者の方から、
「さっそく家でやってみました!」というお声や、
「意識してなかったところに気付くようになった」とご感想をいただけました。
(また、「初めて知った道具が実は家にあった!」という報告も!知ると見えるようになるのは楽しいですよね)

ワークショップに参加したからといってすぐに何でも出来るようになるわけではないけれど、
こうして一歩を踏み出すきっかけとして活用して頂く機会となればと思っていたので
最初の一歩を進めてくださったみなさんをこれからも応援していけたらと思います!

次回は、来年1月を予定しております。

冬なので、冬の食材をご紹介して楽しみながら、

冷凍保存とお漬け物の基本
(賞味期限の恐怖から逃れられると、「今日も食材使わなきゃ~」という呪縛から解放されます♬)
おもてなしの鍋、おもてなしのお漬け物の調理実習

を学べる内容を予定しています!
(初めて参加の方にはお料理の基本部分もしっかりお伝えしていきますのでご安心を。)

ご興味ある方はぜひチェックしてみてくださいね。
(参加のお問い合わせ・お申し込みもご連絡くださいませ♬)

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA