「はじめての美術 絵本原画の世界2013」いってきました♬


はじめての美術 絵本原画の世界2013に行ってきました。
(平塚市美術館で9月8日(今週末日曜日!!)まで開催中です。)

 

 

絵本自体大好きですが、原画を見ると、
その美しさとその量に圧倒されます。
(展示は1冊の中のほんの一部のみですが、そこから全体のボリュームを想像するとドキドキします)

こんなに繊細な線で描かれてたんだ!とか、
色の重なり方にうっとりしたり・・・・
かなり至近距離に寄って見て、離れて見て、ストーリーを思い出して・・・
色々愉しめる贅沢な時間でした。

親子連れが多く、
お父さんにチビっ子がストーリーを解説しながら展示を得意げに案内する姿もなんだか微笑ましい。

ラインナップは、私たち世代なら誰もが親しんだことのある
福音館書店の「こどものとも」シリーズの作品たち。

ぐりとぐら」や「おおきなかぶ」をはじめ、
林明子さんの「はじめてのおつかい」や「こんとあき」(美しかった!)
私が鼠畜(チュちく)に目覚めた原点ともいえる
小出保子さんの「とんとんとめてくださいな
(色鉛筆画もっとちゃんと描こうと思った。)などなど。。

って、我ながらかなり偏りのあるラインナップ紹介。笑
(・・わたしほんとに動物大好きだな。。)

長新太さんの「おしゃべりなたまごやき」や、
男の子のロマン「しょうぼうじどうしゃ じぷた」などなど、
人間や車ものもたっぷりあります!

懐かしさと、オトナになって改めて観ての新発見がたくさんある展覧会でした。

また読み返したくなる&絵を描きたくなる!企画だと思います♬

そんなわけで、とってもオススメです!!
(しつこいですが、今週の日曜日までです!お急ぎください~っ)

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA