クラシノキカク

着物をもっと愉しむ

お正月も近くなってきたので久しぶりにお着物のはなしを書いてみます。

こちらは先日お祝いの席にお呼ばれした時に着たもの。
帯結びは母の力作です!(母も得意げ。笑)

静かな結び方にするのか、こうやって賑々しく派手に結ぶのかでも印象が違いますよね。

ちなみにこの着物、母が自分の結婚式の時に着た物なので30年以上前のもの!
代々長く着られる事も着物の魅力だとおもいます。
この時は、ワケあってアラサー主婦ながら振り袖を着させて頂きましたが、
結婚して「もう振り袖着れないわ」と思ったら袖を短く切って使う事も出来ます。
切った生地も袋物にしたり、カードケースやポーチにしても使えます。

バッグや草履など、着物と柄の揃った小物があるとなかなか便利です。

生地を余す事無く使う!という考えは日本人の物を大切にする精神から来ているのかしら・・・
なんて思いを巡らせたりします。

ゼロから自分で買いそろえるとなると大変な部分もありますが、
まずはおうちに眠っている着物を探してみて
自分流に組み合わせて愉しんでみるのはかなりオススメです。

そして合わせる小物によって季節感を出したり、印象を変えたりする事も出来ます。

今月はクリスマスがあるので、帯留めにクリスマスツリーをつけてみました。
「帯留め」といってもこちらは普通のブローチを帯締めに通しただけ!
こうやって普段お洋服に使う小物を取り入れてみるもの面白いです。

 

こちらも同じくブローチ。
通常の帯留めより大振りで存在感があります。

同じ着物でも、帯の結び方や組み合わせを変えたり、
小物を変えるだけでガラッと印象が変わるのも楽しい所。
TPOを意識したり、季節に合わせた小物を取り入れて愉しみたいですね。

絹はとても温かいので、冬にはぴったり!
お正月やお祝い事、ちょっとしたお出かけにおしゃれしたい時など日常にぜひ取り入れてみてください♬

小俣荘子(omata shoko)

クラシノキカク代表/ディレクター・ライター
「衣食住」にまつわる企画のディレクション。日本のものづくりや、古典芸能、茶の湯、きもの、美味しいものについてなど書いています。動物モフモフ、らくがき、ひるね、読書が好きです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA