季節のお料理教室『さそう流ガラムマサラで香り立つ酒肴!ビールと共に夏を味わう』開催致しました!

昨年の春から開催している、季節のお料理教室。
池尻大橋の銘店「季節料理・酒処 さそう」にて、 お酒をかたむけながらお料理を学ぶ、大人の愉しみを凝縮した企画です。

旬の食材の活用方法や季節ならではの愉しみ方を提案する当企画の「真夏の会」を開催致しました。

今回は、募集告知からほんの30分ほどで昼の部も宵の部も満席となり、予想外の嬉しい悲鳴でした。リピーターのお客さまや、噂を聞きつけてお申し込みくださったお客さまなど、いつもの顔ぶれにホッとしたり、新たな出会いに心躍ったり。

お申し込みくださったみなさま、ご紹介くださったみなさま、本当にありがとうございます。

 

お酒を片手に愉しむお料理教室は、乾杯からスタート!
あいにくの雨模様でしたが、浴衣でお越くださった方々もおられて(男性の方も!!)嬉しかったです。
(今回は真夏の会ということで、浴衣でのご参加をお勧めしていたのです♬)

 

今回のテーマは、スパイス×ビール!

真夏の宴にぴったりの、ビールの進む料理ということで、さそうの真骨頂であるスパイス料理に迫りました。
シンプルなお料理を、スパイス使いで特別な逸品に。

ブレンドスパイスの「ガラムマサラ」をさそう流の調合でご紹介しました。
インドでは、家庭ごとのガラムマサラの配合があって、それが日本でいう所の「おふくろの味」なのだとか。
お好みに合わせて、オリジナルの組み合わせをお考え頂くことも提案しました。

 

今回のブレンドに使ったスパイスを1種類ずつ別々にもチェック。
同じスパイスでも、パウダーとシードで効かせ方が変わったりするのも面白いところ。

 

今回はこちらのブレンドスパイスを使って、野菜料理・お魚料理・お肉料理の3品を作りました。

 

1品目は、夏のお野菜を使ったお料理。
「ゴーヤとオクラ 旬野菜の冷たいラタトゥイユ」
シンプルでとっても簡単!すぐに食べたい場合に味をギュギュっとしみ込ませるコツもお伝えして大好評でした。

 

2品目は、お魚料理。
「青魚のヨーグルトマリネ焼き 香草ハーブ添え」
少量のソースで漬け込むコツや、美味しく焼くポイントなどもご紹介。
漬け込み用ソースがそのままでも美味しいと好評で、フライドポテトにつけたい!というお声や鯖サンドにしたい!というお声など、様々なバリエーション料理への想像が膨らみました。

 

 

3品目は、お肉料理。
「ピーマンのラム肉詰め パクチーソース」
ピーマン調理が一気に面倒でなくなる驚きの事実をご紹介、大きな反響を頂きました。(ピーマンのタネって実は栄養満点で美味しいのです♬)
スパイスはクセのあるお肉との相性も抜群です。
さそうでパクチーを克服したお客さまや、ラム肉が苦手な方も「美味しい!」と喜んでくださっているお客さまの姿が印象的でした。

 

 

今回もデモストレーション形式で、プロの手つきを間近でご覧頂きながら、素人の手つきと見比べつつ、気になる所はすぐに質問して頂きながら進めるスタイルでした。
お料理のレシピはもちろんのこと、食材を無駄にしないコツや、お料理をスムーズにするちょっとした工夫など日頃からさそうさんがやっていることについてもたくさんの質問が飛び交いました。

せっかく習ったお料理は、ご自身で実践してみてこそ。
ご参加くださった方をお迎えしているお料理教室のFBグループでは、さっそくつくレポをあげてくださっている方もいらして、今回のレシピをご家庭で活用いただけている事すごく嬉しいです。

 

次回は、寒さ深まる11月末頃を予定して計画中です。
またスケジュール決まり次第ご案内させていただきますので、ご興味お持ちいただけましたらぜひご参加くださいませ。

 


お料理教室終了後にお客さまに写真を撮って頂きました。
今回は、浴衣に前掛け・たすき掛けスタイルで。

講師(右):佐宗 桂
レシピデザイン・料理アシスト(中央):田崎 里美
企画・プロデュース(左):小俣 荘子
 

「季節の料理・酒処 さそう」にて
http://sasou-kisetsu.com/
 

季節のお料理教室FBページ
こちらのページでタイムリーに募集開始告知などご案内しております。
情報ご希望の方は、フォローして頂けましたら幸いです。

 

・・・・・・・
 

(参考記事)過去の開催レポート

春:『ひとつのソースでとりどりの肴。“さそう”こだわりのお酒と共に。』
夏:『ビールをもっと愉しむ!“さそう”のブレンドスパイスで作る、夏のおつまみ』
秋:『秋の夜長を愉しむ料理とワイン。旬のきのこを味わい尽くす』
冬:『さそう直伝“酒粕ソース”で愉しむ冬。店主こだわりの日本酒とともに。』
梅雨:『さそう直伝”梅干ソース”で身体を慈しむ。お酒とともに爽やかな梅雨の宴を』

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家 衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。 「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA