クラシノキカク

着物でお出かけ♬ 丸の内編

 

気軽に着物を着て出掛けられる場所って、案外たくさんあります。
なんてことない1日も着ている物で気分が全然変わるから不思議です。

お洋服でもそうですが、和服の場合なおのこと、自分の中の気分が違う気がします。
背筋がピンと伸びて、いつもよりゆったり歩いて・・・。
ちょっとしたことの差なのですが、なんだかすごく上品で素敵な女性にになったような。。
(意識的に自分の所作やしぐさを見直す機会になる気がします。洋服の時にも良い影響が出そう♬)

こちらのブログでもちょっとずつ、
着物で行きやすい東京の近郊のスポットもご紹介していこうと思います。

さっそく今日は、仲良しの従姉妹とお出かけした時の事を。。

クリスマス前のある12月の日。
東京丸の内にある、パレスホテル東京でアフタヌーンティを楽しんできました。

パレスホテルは東京駅や大井町駅から歩いていける皇居の目の前にあるホテルです。
ラウンジからも、お堀が臨めます。

ここのアフタヌーンティは、お重に入って登場します。
和菓子も入っていたり、お茶も紅茶のほか日本茶やお抹茶も選べるので、
和の雰囲気も一緒に味わえるのが魅力。

 

パレスホテル ザ・ロビーラウンジ

クリスマスツリーの前で、記念に1枚撮って頂きました。

 

この日は夕方からあいにくの雨でしたが、
丸の内は地下街が発達しているので、雨に打たれず駅に行く事ができました。
駅は少しほこりっぽかったりするので、裾除けやコートを着ていく事がオススメです。

古くからの歴史ある石造りの建物が建ち並ぶ丸の内。

ゆっくりできるカフェやレストランもたくさんあります。
駅のそばにも、丸ビルや新丸ビル、オアゾやKITTEなど
入るだけで愉しめるスポットがあるのもこのエリアの魅力ですね。
晴れた日は、皇居の御庭を散策するのも気持ち良さそう。(春にまた行きたい!)

 

お着物でお出かけ!というと、
なんだか大変そうなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
街着として愉しめる小紋のお着物は本来気軽に着られる服。

成人式などの豪華な帯結びと違って、
背中の結びも「お太鼓」や半幅帯(浴衣などで活躍する帯)などでシンプルにしてOK。
(電車で座って椅子にもたれたって大丈夫!笑)

 

帯の上に通す紐「帯締め」に、帯留めのようにクリスマスツリーのブローチを通してみました。
こうやって、お洋服のように遊び心のあるおしゃれをするのも楽しいですよね。

小紋は色々な種類があって、お手頃な物もたくさん出回っています。
着物はじめの1着として、トライしてみるのはオススメですよ♬

 

小俣荘子(omata shoko)

クラシノキカク代表/ディレクター・ライター
「衣食住」にまつわる企画のディレクション。日本のものづくりや、古典芸能、茶の湯、きもの、美味しいものについてなど書いています。動物モフモフ、らくがき、ひるね、読書が好きです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA