振袖と袴♬

成人式の際に、母の実家で振袖をお求めくださったお嬢さんが、
「卒業式もこの振袖を着たい!!」と、袴のご相談をいただきました。
はるばる淡路島までご家族で来てくださって、
まる1日以上かけて、何十着も試着してじっくり選んで頂いた振袖。
(母と私も同行しました♬)

本当にぴったりお似合いの1着でした。
とても気に入ってくださっているご様子に、私たちもすごく嬉しかったです!

正式には、振袖に袴は合わせないのですが、せっかくのお気に入りの一着!

最近では、身長の高い女性が多い事もあり、振袖に袴を合わせるのも一般的になってきています。

 

淡路島の呉服店「森田屋」から東京へ候補の袴を郵送。
振袖と合わせながらご検討頂きます。

 

せっかくなので、実際に試着して・・・・。

ばっちりの組み合わせが出来ました♬
(写真には写っていませんが半幅帯もシルバー地に黒でお花の描かれた変わった素敵な物です♬)

とても見事で大迫力の振袖だったので、柄物の袴にも負けていません^^
柄と柄を合わせても不思議とマッチするのが着物の面白い所。


お召しになるご本人も、スラーッとしたハンサム美女!で、
この迫力を見事に着こなしておいででしたよ。

卒業式のお写真を見せて頂くのがいまから楽しみです♬

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2013-12-06 | Posted in 着物・浴衣, 日本のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA