着物でお出かけ♬ 古民家カフェ

古民家など、日本家屋を訪れる事が好きです。

淡路島の母方の祖父母の家が古い家で、遊びに行くと探検したものです。
震災でなくなってしまいましたが、今でも小さい頃の思い出とともに思い出します。

写真は、2012年に訪れた徳島県三好市 祖谷峡にある、茅葺き屋根の篪庵(ちいおり)。
「美しき日本の残像」などの著書でもしられるアレックス・カー氏が30年前に改修した、
築300年の茅葺の民家。現在は、篪庵トラストというNPO中心に運営されています。

この日の夜は、アレックス・カー氏ご本人が庵に来てくださって、
お酒をいただきながら日本の風景についてなどおはなしさせていただき貴重な時間となりました。

意外にも、都内にも中に入る事の出来る日本家屋がたくさんあります。

気軽に行ける場所としては、古民家カフェ。

気軽に出掛けられて和の雰囲気やノスタルジックな気分に浸れる場所の1つ。
心静かに過ごせる場所が多いように思います。
読書をしたり、1人で仕事をしたりという時にもぴったりです。

昨日のお昼は、中目黒の素敵な古民家で京都のおばんざいが頂ける青家で、
ランチミーティングしてきました。

青屋のサイト

 

 

おいしいおばんざいをいただきながら、
パーソナルスタイリストとしてご活躍の石川ともみさんと、お洋服のプロとの「きるもの」談義。

洋服と和服の思いがけない共通項がたくさん見つかったり、素敵な気付きの多い充実の時間でした。

「着物をもっと気軽に愉しめる人を増やしたいな」という思いに共感してくださって、話が弾みました。
さっそくコラボ企画を3月中旬に開催すべく2人で練り練りしています♬
ご期待くださいませ!

そのときの事を石川さんがブログを書いてくださいました。
わたしたちの「きるもの」♪
石川さんの、きるものについての思いが伝わってくる内容です。

読む時のオマケ要素として、わたしのありえない短さの前髪の写真もご覧ください(笑)
もはや事故としか思えない短さに打ち拉がれる日々だったけれど、
和装で髪をあげたらちょっとだけイイ感じ??
石川さんにも「お着物に合うヘアスタイル」と言って頂けてホっとしました。(プロの太鼓判!?)
着物に救われた!かな??

 

夕方からは、代々木に移ってDADA CAFEへ。
ここは、昭和初期に呉服店として建てられた建物を改装した空間でカフェを経営されています。

DADA CAFEのサイト

心静かに、ゆっくりくつろげる場所。

昨年からお世話になっているコーチとの濃厚なコーチングセッションだったのですが、
静かに集中出来る場所が理想なのですが、この場所はぴったりでした。

ちょっと、日常の雑音から離れて心を落ち着けられる場所。
普通に行くだけでも良いですが、着物で訪れるのもとてもいいものでした。

昨日のブログに書きましたが、
気軽に小紋にコートを来た上にPCバッグを背負うのはあり!です♬
こんな感じに気楽に訪れられるのも古民家カフェの良さかもしれませんね。

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2014-01-17 | Posted in blog, 着物・浴衣, 心地よい場所No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA