来年のお愉しみ 有松絞りで仕立てる浴衣

夏は終わり、秋も深まってきましたが、来年の夏に向けての楽しみも・・・。

2016-10-13-16-51-05-2

 

今夏の終わりにご注文頂いた、有松絞りの浴衣が続々と仕上がって届いています!

お仕立てのときは、反物を選んで、採寸をして、湯のしして、仕立てて・・・と、手元に届くのをゆっくりと待ちます。
絞り生地の場合は反物の状態では縮んでいるので、実際よりコントラストが強く見えたり、印象が異なります。
お客さまと仕上がりを想像しながら生地を選ぶのも愉しいのです。

今年の夏の思い出に、来年の夏の楽しみに、ルンルンお届けしています♫

 

/////////////////////

着物よろず相談

Šî–{ RGB

https://maisondeomata.com/kimono

浴衣の着付けレッスンや和装企画・コンテンツづくり、スタイリングやお仕立てのご相談など、個人のお客さまのご相談からメディアや企業のお客さまのコンテンツ企画まで承っております。

お気軽にご相談ください。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2016-10-16 | Posted in blog, 着物・浴衣, 日本のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA