祖父の誕生日

先日、87歳を迎えた祖父。

 

 

 朝からネコ様にご飯をあげて、スズメ様にもご飯をまいて、草木に水をあげる毎日。
「扶養家族が増えて困っちゃうんだよー」と、嬉しそうに笑う祖父。

生き物と仲良く暮らすルーツは祖父なのかもしれない。
そんな風に感じます。

既に他界してしまった祖母のお気に入りの北鎌倉「円」。
とても美味しい懐石料理のお店です。

家族のお祝い事や節目節目で、みんなで集っての食事にお邪魔します。
この日も、心づくしの美味しいお料理を一緒に味わいました。

お店からの眺め。
紫陽花の季節で賑わっていた鎌倉。この場所は風が気持ちよく静かでした。

椅子の生地が以前と変わっていた気がして。。
素敵だなぁと思って伺ったら、女将さんが古い帯をといてご自身で作られたものでした。
形を少しずつ変えながら長く使われ続ける。
使い続ける。
物を大切に愛し続ける気持ちが伺えて、美しさの理由に触れられたように感じます。

無理なく心地よく。仲良く愉しく。
そんな暮らしをしていきたい。

祖父には、のびのび長生きしてね、と願う次第です。

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2014-06-29 | Posted in blog, 心のこと・考えたことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA