日本の素敵なものたちをもっと伝えたい

今日はすごく胸が熱く(鼻息が荒く⁈)なる打ち合わせに行ってきました。

ずっとずっと、どうにかしたいと思っていること。
消えゆく日本の素敵なものたち。

いらないから淘汰されるんじゃなくて、必要な人はいるのに知られてないから、魅力が伝わってないからなくなりそうなものは、大きな声を出したら良いんじゃないか。

着物や地方の食べ物や工芸品。
大好きなもの、面白いもの、日常生活でお世話になってるものって、たくさんある。
その事をもっと伝えていきたい。

その1つの方法を素敵な企業さんとやらせて頂きます。
また発信出来るタイミングになったらこちらでもお知らせさせてください。

みなさんに読んでいただいて、共感していただけたらきっと広がっていくものだと思うので。
みんなで良いものを知って親しんで、愉しんでいけたらいいな。

まずはすごく嬉しかったのでこの思いを残しておこうと思います。

 

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-12 | Posted in blog, 日本のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA