夏休みな一日

お盆連休最後の日。
昨日は、前職からお世話になっている御神輿担ぎ(⁈)でバイオリン弾きの方に、お江戸のお祭りに連れていって頂きました!

3年に一度開催される(震災の関係で今回は4年ぶり)、東京最大の八幡さま「富岡八幡宮例大祭」。

 

 

 

このところ夏の着物を着る機会が多かったのですが、せっかくのお祭り。
今年見つけたお気に入りの浴衣で出掛けました♬

御神輿を担ぐ方々は朝の5時に集合で、街を練り歩くのだそう。
地域の方々のローカルな会話では、住んでいるエリアをいうと「どこの組?(御神輿の地域)」を聞きあうのだとか。
お祭りが熱い地域ならではですね!

 

 

たくさんの姿も大きさもさまざまの御神輿が勇ましいかけ声とともに姿を現します。大迫力!!

こんな風に御神輿をじっくり見たのって初めて。


お神輿の流儀(「揉み」なる動きが凄かった‼︎)や、わっしょいの発音(うしろにアクセント)も新鮮でした。

 

 

余談ですが、この日一番のカルチャーショックは、
お祭りでベテランのおじさま方が偉い人に挨拶するときの姿。

ハチマキを帽子のようにヒョイっと取って会釈するのです(その後、パコっと頭に戻します。形状記憶ハチマキ??)。

ハチマキはジャパニーズハットなの⁈

その後、おうちにお邪魔してヴァイオリンについて教えて頂きました。

なめらかで美しいバイオリン。
間近で弾いてもらうと内臓まで振動が伝わってきてすごく気持ち良い。
小さな楽器からこんなに大きな音が生まれるんだ。

せっかくだからと、ヨーロッパ旅行の際にオーダーして作られたすごいヴァイオリンをドキドキしながら少し触らせて頂く。(緊張した。。笑)

弓の持ち方だけでも難しくって、構えただけでプルプル。。
左手も、動かしたらヴァイオリン落としちゃうんじゃないかとこれまたドキドキしました。
演奏って全身運動なんだなぁ。
演奏する人すごい…。

※なんだか弾けてる風の写真頂いたので最後に貼っておきます( ̄▽ ̄)えへへっ

 

 

知らないことをいっぱい教わって、体験出来た一日♬

Iさんありがとうございました!

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家 衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。 「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA