優しい椅子 (おじいちゃんの玄関スツール)

90歳を超えた祖父。
まだまだ元気だけれど、やはり少ししんどい事も増えてきました。
壁に手すりをつけたり、家族でできる工夫をしています。
 

こちらの写真は今日届いた玄関スツール。
可愛いのを叔母が見つけてきてくれました。

歩くのが不安定になっても杖はつきたくないとか、おじいちゃんのこだわりもあるので(お年寄り扱いは嫌なのかな?)、気持ちは尊重しつつも、やはり安全第一で考えたいもの。

このスツールは、座面の高さがほど良くて、小柄な人でも足をついて靴が履けるけど座るときに低すぎないからしんどくなく立ち座りができる。
アームも安定していて体重をかけても傾かないから安心です。

見た目も可愛らしくって、これはみんなが嬉しく使えるデザインだなぁなんて思った次第。

介護系の家具とか高齢者向けの物のデザイン、もっと色々素敵なの増えたらいいな。

 

今日ご紹介したのは、大阪のオーダーメイド家具屋さんのものでした。
(このスツールも生地を選ぶこともできます。)
飛行船スタイル
http://www.hikosen-style.co.jp

・・・・・・

柄のあるタイプもあったよ〜

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-03-07 | Posted in blog, からだのこと, おくりものNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA