お花見野点ピクニック@代々木公園 (春の夢が叶った日)

大人になると、夢って実現しやすくなる。

自分の裁量でできることが増えるから、「ごっこあそび」的な妄想も現実のものとして真剣に取り組めるチャンスが増えると思うのだ。

「大人になってよかったなぁ」なんて、しみじみ改めて思った日のことを残しておこうと思います。

 

4月のある週末。
代々木公園で、お花見野点(のだて)ピクニックをしてきました。

セッティング中の一コマ。「茶箱」というポータブルな茶道セットの入った箱を持って公園へ!

 

野点は、屋外でお茶を点てて楽しむこと。

着物姿で、赤い敷物(毛氈=もうせん と呼ばれるもの)の上でお菓子を食べてお茶を楽しんで・・・
和風ピクニックの様子に実は子供の頃から憧れがあって、いつかどこか素敵な場所できたらなぁと思っていたのです。

大人になって思い出して、ここ数年言い続けていたのですが、同じく雅なお花見がしたい!と語っている方がいるよー!と伊東宏子さんをご紹介いただけて、今回一緒に夢を実現することに。

お花見シーズンの代々木公園で、ピクニックと野点を楽しむ企画が実現しました。

 

満開の八重桜の下に毛氈(もうせん=フェルト地の敷物)を敷いて準備中の1枚。

 

座って空を見上げると、八重桜の天井が!そんな屋外のお茶室です♫

 

まずはお昼ご飯!みんなで持ち寄った「お花見」をイメージしたおかずをお重に詰め詰め。

 

いっただきまーす!

 

桜の枝の影がゆらゆらと映って綺麗でした。ピクニックならではの景色。

 

「伊東さんも近い思いを持っているよ〜!」と紹介してくれたのは、野望の商店街を主催する大家さんお二人。

野望の商店街は昨年から私も運営に参加しているコミュニティですが、ワクワクする野望を持った方とこんな風に繋がれて、一緒に何かできるようになるのってすごく嬉しいなぁと、このコミュニティの醍醐味を体感する機会にもなりました。

 

KIMONO FUSIONもやったよ!

さらにもう1つ、最近私が研究したいと思っている、和装と洋装のミックス。

 

この日は、伊東さんと大家さんのお1人家子さんもご一緒に♫

 

伊東さん(左)と、家子さん(右)

 

白いブラウスやシャツを長襦袢代わりに着ていただいて(下も素敵なスカートと合わせてていただきました!)、カジュアルな着物を楽しんで頂きました。

洋服の上からの着付けだと、人前でも大丈夫!(ご自身が気にしなければ!) ということで、着物を体験してみたいという方に気軽に試していただくのに良いかも!という発見もありました。

屋外着付けの様子はこんな感じ↓

 

代々木公園でお花見野点。公開着付け。モダンに仕上げていただきました🌸☺️

野望の商店街さんの投稿 2017年4月15日

 

ランチの後はお茶の時間。

お干菓子もお花見をテーマに用意しました。

せっかくなので・・ということで、僭越ながら、お茶のお辞儀の仕方やお客様の基本マナーやお茶の頂き方などご紹介させていただいて、お茶会の雰囲気を体験しつつ、みんなでお茶とお菓子を楽しみました。(必死だったので自分で撮った写真なし。笑)

 

うっウサギさん?!

こんな文字通り飛び入り参加のお客さまも。公園をお散歩中のウサギさん。
何故か我々の所にまっしぐらに飛んできて、伊東さんの膝下でお寛ぎに・・・。
(このあと、後ろ足も伸ばしてゴロンってなってました。お気に召して頂き光栄です!)

 

楽しい楽しい春のひと時でした♫

 

 

小俣も洋服ミックスです。

私はビジューのついた黒いブラウスを長襦袢代わりにして、アンティーク半幅帯とダース・ベイダー(!!)のブローチを帯留めにして挑みましたよ!(気合が伝わるでしょうか?ふふふ)

 

野望の商店街と伊東さんとは、昨年冬に山の上でクリスマスピクニック&コーヒーの企画に参加させてもらって出会いました。

次はキャンドルナイト茶会とかやってみたいなぁ。
まだまだ、楽しい企画、子供の頃からの夢を実現していけそうです♫
大人バンザイ!!
・・・・・・・・・・

facebookページ

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

heraifu
家族のらくがきエッセイ。1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなどしています。

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA