「泊まれる本屋」で、至福の寝落ち。 BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA

今宵の寝床は、本棚です。

泊まれる本屋

 

浅草にオープンしたばかりの泊まれる本屋、BOOK AND BED TOKYO ASAKUSAに来ております。
ゴロゴロと本を読みながらの至福の寝落ち味わうぞ。

 

 

 

隠れ家のような重たい入り口を開けるとフロント。

フロント

フロント

フロント

 

チェックイン後は、このロッカーが入り口に・・・。

入り口

 

中には壁いっぱいの本棚が!!

本棚

本棚

本棚の間にベッドスペース

ベッドの様子

 

 

BARカウンターではコーヒーやラテ、お酒の提供も。

BARカウンター

 

コーヒー美味しかった!

カシスオレンジ

 

中は左右で異なる趣。シャンデリアも半分(半デリア!)。

半デリア

左右で異なる空間が広がっている

 

ソファスペース

半分寝そべりながら読書したり仕事ができるソファスペースの居心地が良かった。

 

洗面所

シャワールームや洗面所もシンプルで機能的だったよ。

 

もちろん無料wi-fi完備で、ベッドサイドにはコンセント2つ、金庫、ファンが付いていてかなり快適。
(あとスタッフが気さくでみんな可愛い♡笑)
浅草観光の後だけでなく、読書を楽しみたい時、ゴロゴロしたいとき、いつもと違う場所で仕事したい時に訪れたい場所でした。

 

明日の朝は、バルミューダのトースターでパンを焼いてバリスタの入れてくれるコーヒーと一緒に楽しむ予定にゃり♬

HAVE A BOOK NIGHT☆

バルミューダのトースターがあった!

 

 

BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA

〒111-0034
東京都台東区雷門2丁目16−9 パゴダ浅草6F

http://bookandbedtokyo.com/asakusa/

宿泊のほか、デイタイム利用も可でした。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

facebookページ

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

heraifu
家族のらくがきエッセイ。1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなどしています。

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-10-12 | Posted in , blog, 日本のこと, 心地よい場所No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA