クラシノキカク

やっぱり有田の物作りはすごかった!

2月は佐賀県、有田を中心とした地域のものづくりの記事をいくつか書かせていただきました。

 

有田は、有田焼が有名ですが、その技術は浄水場でまで使われていたり。美しさと技術、本当にすごい・・・と唸りまくりました。

 

「有田焼」と聞くと、
色とりどりの食器や工芸品を思い浮かべませんか。

でも、有田の焼きもの技術は私たちの暮らしの
さまざまな思いがけない場面で活躍しているのです。

日本が誇る高度な浄水技術もその一つ。
知られざる有田焼の一面を、歴史から紐といてみましょう。

#有田焼 #有田 #陶磁器 #佐賀 #東京水 #さんち #sunchi

さんちさんの投稿 2018年3月1日(木)

 

可愛すぎてつらい・・・。
「小さい」っていうだけでも心惹かれるのに、フォルムも色々あって魅力的なんだYO!(将棋盤の形とか謎すぎて、、、なにそれ可愛い!!ってなる)
おてしょ皿沼、ハマりそうです。(既に何枚も買って帰ってきてしまいました。ふふふ)

“おてしょ”とは直径11センチ以内の小皿のこと。室町時代に貴族の器として使われたことが始まりだそうで、その頃からすでに蒐集家がいたとか…!

思わず集めたくなるおてしょ皿たちをご紹介します。

#佐賀 #陶器 #おてしょ皿 #手塩皿 #さんち #japanesecrafts #sunchi

さんちさんの投稿 2018年2月14日(水)

 

 

有田焼創業400年事業の1つとして行われた「おてしょ皿プロジェクト」の一貫で作られた本。こちらも読んでいるだけでときめきます。

 

 

有田焼になくてはならない絵具。
陶芸界で唯一の選定保存技術保持者にも認定された辻昇楽さんにお話を伺って来ました。

 

10年かけて作り上げる、特別な絵の具をご存知ですか?
陶芸界で唯一の選定保存技術保持者がつくる「花赤」は、江戸時代からの伝統的な製法でつくられています。

器を鮮やかに彩る和絵具(わえのぐ)と呼ばれる色の世界。
その舞台裏をご紹介します。

#佐賀 #陶芸 #焼き物 #和絵具 #絵具 # #色 #さんち #japanesecrafts #sunchi

さんちさんの投稿 2018年2月19日(月)

 

「節分では『鬼は外、福は内』と言いますが、鬼は追い出されてそのままではかわいそうでしょう」という優しい言葉が染みました。
佐賀の鬼面のおはなしです。

戦で鬼面をかぶって敵を追い払ったという言い伝えから、
鬼に親しみを持って大切にしている地域があります。

今でも作られる鬼面は、祭事や魔除けに使われるだけではなく、己の中にある鬼と向き合うことを教えてくれるものでした。

#佐賀 #浮立面 #お面 #鬼 #鬼の面 #さんち

さんちさんの投稿 2018年2月13日(火)

 

有田焼

 

浮立面

 

 

最後は、有田で出会った衝撃の有田焼たちをご紹介して終わります。
有田を訪れたら、そこここにある有田焼をぜひ探してみてください!

 

 

 

 

 

佐賀県立 九州陶磁文化館
https://sunchi.jp/sunchilist/hizen/50380

九州の陶磁器の歴史を知りたかったら是非こちらに訪れて欲しい場所。
壮大な焼き物の歴史や、地域ごとの物の違いがちょっとわかるようになりました。(めざせ効き衛門!)
カフェでは古伊万里の器でお茶やケーキが楽しめたり、館内の壁やドアノブなどにも焼き物が使われています。

 

 

小俣荘子(omata shoko)

クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。