クラシノキカク

【 季節のお料理教室 開催レポ 】『季節を彩る特製パクチーソース。ビールとロゼワイン誘う初夏の宴』開催しました!

池尻大橋の銘店「季節料理 酒処 さそう」にて、お料理とともにお酒も愉しみながら学べるお料理教室。
旬の食材の活用方法や季節ならではの愉しみ方を提案する当企画、6月16日に「初夏の会」を開催しました。

※会の概要についてはこちらをご覧下さい。

さそう季節のお料理教室デモストレーション

お店のカウンターが、お料理のデモストレーションの舞台となり、お酒を召し上がっていただきながらお料理の様子をご覧いただきます。
講師は店主の佐宗さん(左)。アシスタントの田崎さん(右)も同じように調理し、プロの手つきだけでなく、一般の家庭で調理する際のポイントなどもご紹介しています。

 

 

今回のテーマ食材は『パクチー』

同じソースを使っているのに、少しのスパイスやハーブを使うことで全く違う味わいのお料理が出来る!という、なんとも不思議なお料理教室です。

今回のテーマはパクチー。
さそう特製パクチーソースを使って、野菜、魚、肉のお料理3品を作りました。
(合わせるお酒は、ビールとロゼでした!)

 

簡単で冷凍保存もできるパクチーソース。
パクチーが安くたくさん手に入った時に作り置きしておくのにも良さそうです。

 

パクチーソースを作ります

材料を合わせたら、バーミクスで攪拌するだけ!
ベースとなるオイルを変えると、中華風になったりとアレンジのしがいもありました。

 

パクチーソース

綺麗なグリーンのパクチーソース。

 

パクチーというと、主張の強い食材というイメージがあるかと思いますが、実は縁の下の力持ちのように奥ゆかしくお料理を支えてくれる一面があります。

さそうさんの作るパクチー料理は、苦手な人をもパクチー好きにしてしまうんです。
(私もさそうでパクチー嫌いを克服しました)

 

食材の臭みやえぐみを抑えて爽やかにしてくれたり、全体を繋いで調和させてくれたり。
どのお料理も、パクチーのさり気ない仕事ぶりに敬意を表したくなりました!笑

ということで、今回の3品をご紹介します♫

 

 

まずは、野菜料理!

旬野菜とハーブのカルパッチョ

旬の野菜のカルパッチョ

水ナスとトマトをカットして並べた上に、香味野菜とナッツ、パクチーソースをかけただけで出来上がります。
ジューシーな水ナスと甘いトマトに絡んだパクチーの香り、アクセントとなる香味野菜やナッツのバランスが絶品でした。

 

続いて、お魚料理!

青魚とオクラの水餃子

青魚とオクラの水餃子

こちらも、カットした具材を餃子の皮に包んで茹でるだけ。
魚の臭みをパクチーが消しくれます。

水餃子の具材

スパイスとの相性も抜群!

水餃子を包んだところ

可愛いくて、火も通りやすい包み方も教えてもらいました。

 

 

そして最後はお肉料理!

ラム肉のグリル 旬野菜ソテー添え

ラム肉

お客様みなさんが、歓喜した一品。この日一番の歓声が上がりました!
ラムの臭みを消しつつ、旨味をぐーっと引き出すパクチーの仕事ぶりに感激です。

 

パクチーだけでなく、チリソースやスパイスの活用法も色々と紹介してくれたさそうさん。
買ったはいいけれど、生かしきれずキッチンの片隅に置かれた調味料ってありますよね、、使い先のヒントが貰えて、みなさんと盛り上がりました。
(お酒を傾けながらのお料理教室は、独特の良い雰囲気なんです♫)

 

お酒は、ビールと爽やかなロゼワインを合わせて。

 

 

 

すぐにご自宅で試していただけるように、毎回お土産にその日作ったソースなどをお渡ししています。
今回も、翌日にさっそくお客さまから「作ったよ!」との声が届いて嬉しい。

私もカルパッチョを作ってみました。
簡単に作れて冷凍も出来るパクチーソース。
我が家の常備アイテムの一つになりそうです♫

 

次回は、実りの秋に・・・。
どうぞお楽しみに!

 

お料理教室メンバー

左から、講師の佐宗さん、アシスタントの田崎さん、事務局の小俣、アシスタントのアシスタントの百合子はん。

 

 

季節のお料理教室FBページ
こちらのページでタイムリーに募集開始告知などご案内しております。
情報ご希望の方は、フォローして頂けましたら幸いです。

 

・・・・・・・・・・

(参考記事)過去の開催レポート
春:『ひとつのソースでとりどりの肴。“さそう”こだわりのお酒と共に。』
夏:『ビールをもっと愉しむ!“さそう”のブレンドスパイスで作る、夏のおつまみ』
秋:『秋の夜長を愉しむ料理とワイン。旬のきのこを味わい尽くす』
冬:『さそう直伝“酒粕ソース”で愉しむ冬。店主こだわりの日本酒とともに。』
梅雨:『さそう直伝”梅干ソース”で身体を慈しむ。お酒とともに爽やかな梅雨の宴を』
真夏:『さそう流ガラムマサラで香り立つ酒肴!ビールと共に夏を味わう』
晩秋:『【ワイン×味噌】もてなし料理で暮れゆく季節を味わう』
立春:『さそう直伝”干し柿×生姜のソース” 日本酒香り立つ ぬくもりの宴』
初夏:『さそう直伝スパイス使い!自家製サルサソースでビールを愉しむ夏じたく
中秋:『さそう直伝 “いちじくソース”で味わう月夜の宴 ワインとともに』
春待ち:『日本酒誘う肴。豆とスパイスが織りなす春待ちの宴』

 

「季節の料理・酒処 さそう」にて
http://sasou-kisetsu.com/

 

 

・・・・・・・・・・

facebookページ

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

heraifu
家族のらくがきエッセイ。1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなどしています。

 

 

小俣荘子(omata shoko)

クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。