クラシノキカク

ひんやりグッズ、甲子園、夏の道具について、記事を書きました

9月に入ったのにまだ暑い・・・・。
この夏は、夏を涼しくする道具や、100回大会を迎えた夏の甲子園の大優勝旗について、ユニバーサルデザインを考えさせられる道具についてなど記事を書かせていただきました。

 

 

 

江戸時代から伝わる夏の敷物「油団」を知っていますか?

電化製品の普及とともに姿を消しつつありましたが、近年あらためて注目されるようになった暮らしの道具です。

それは、江戸時代に生まれた「科学で解明できない」夏の快適グッズ|さんち 〜工芸と探訪〜 https://sunchi.jp/sunchilist/sabae/64743

さんちさんの投稿 2018年7月9日月曜日

 

 

 

少しでも快適に心地よく過ごせたらと、夏を涼しく感じさせてくれる暮らしの道具を探してみました。

夏を涼しくする工芸品、5選|さんち 〜工芸と探訪〜 https://sunchi.jp/sunchilist/notset/66659

さんちさんの投稿 2018年8月17日金曜日

 

 

 

涼しげに泳ぐ金魚が描かれたオールドグラス──作っているのは但野硝子加工所2代目、伝統工芸士の但野英芳さんです。

江戸切子の進化系がここに。美しき日本のグラスには、金魚が泳いでいた|さんち 〜工芸と探訪〜 https://sunchi.jp/sunchilist/koto/70297

さんちさんの投稿 2018年9月3日月曜日

 

 

 

言われてみると、何でだろう…?どうやら2つの説があるようです。

蚊取り線香の器は、なぜ「豚」なのか|さんち 〜工芸と探訪〜 https://sunchi.jp/sunchilist/komonocho/70112

さんちさんの投稿 2018年9月4日火曜日

 

 

 
8月13日が記念日となっているある方々の道具。ユニバーサルデザインを考えさせられる取材でした。
自分と合わない道具を使わせてもらって、その使いにくさにかなり驚いた。
 

この暮らしの道具、ちょっと変わってるんです。どこが違うかわかりますか?|さんち 〜工芸と探訪〜 https://sunchi.jp/sunchilist/notset/68389

これらの商品、普段よく目にするものと「何か」が違います。

さんちさんの投稿 2018年8月12日日曜日

 

 

 

 
熱い夏!!の取材!この取材の影響で、スポーツ音痴のわたしもことしは甲子園が気になって仕方なかった!

 

金足農業か、大阪桐蔭か。いよいよ今日、100回目の夏の覇者が決まります。

さんちでは、60年ぶりに新調された優勝旗に注目。京都最高峰の職人が集まり、1年6ヶ月、1200万円をかけて作られた3代目「深紅の大優勝旗」。

その制作を担った京都…

さんちさんの投稿 2018年8月20日月曜日

 

 

 

小俣荘子(omata shoko)

クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。