クラシノキカク

遊山箱に、和菓子詰めて♫

遊山箱に和菓子詰めてウェイする会に行ってきたよ!

 

和菓子を詰めた遊山箱

 

「遊山箱とわたしと和菓子」看板

遊山箱(ゆさんばこ)は、徳島県東部に伝わるお弁当箱。
かつて、春の節句で子ども達が山へ出かけるときに使われていたもの。

 

 

徳島の子はひとり1つ自分のための遊山箱を持ってたんだって。
(各家に子どもの数だけカラフルな遊山箱があったそう!)

三段重の一番下は、海苔巻きなどのごはん、真ん中はおかず、一番上はデザート・・・。
(聞いているだけでニヤケてきちゃいますな!)

稲作の神様がいると伝わる「遊山」という山に子どもが遊びに行って、山と里を行き来することで神様が里へ降りてくる、と考えられていたのだそう。この行事を経て毎年の稲作が始まったというお話が興味深かった。

この日は、お弁当ではなく、徳島の老舗菓子店 日の出楼の和菓子をたっぷりと詰めさせてもらいました。
目の前で、ねりきり作りを解説&実演も!

ジャックオーランタンのねりきり
時節のねりきりは、ハロウィンモチーフのものも!

ブラックキャットのねりきり

友人の遊山箱には、ねこ(ハロウィンなのでブラックキャット?!)の姿が。

 

そして、栗きんとんは自分で絞らせてもらいました!
(そしてバーナーで炙って「焼き栗きんとん」に♫)

焼き栗きんとん

 

徳島ならではのお菓子も。

食藍を使った干菓子

ブルーの干菓子は、食用の藍で色付けされているそう。
藍って身体にいいんだって!(最近の研究で明らかになったらしい)

 

詰めて楽しい、食べて美味しい!
以前から憧れていた、昔ながらのお弁当箱「遊山箱」。
子どもの頃に使っていた方のお話も伺えて、ますます好きになりました。

自分用にひとつ用意して、春にはお花見やピクニックに連れ出したいな。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【 web site 】
https://maisondeomata.com/

【 note 】
https://note.mu/omata_shoko

【 instagram 】
https://instagram.com/omata_shoko/

【 note  (らくがきエッセイ集) 】
https://note.mu/heraifu

【 Twitter 】
https://twitter.com/omata_shoko

 

 

小俣荘子(omata shoko)

クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。