クラシノキカク

【 季節のお料理教室レポ 】『春の始まりに一献。自家製ヤンニョンジャンで作る、ぬくもりの宴』開催しました

池尻大橋の銘店「季節料理 酒処 さそう」にて、お料理とともにお酒も愉しみながら学べるお料理教室。
旬の食材の活用方法や季節ならではの愉しみ方を提案する当企画、2月23日に「寒春の会」を開催しました。

※会の概要についてはこちらをご覧下さい。

さそう自家製「ヤンニョンジャン」

今回のテーマ食材は、韓国の伝統的調味料「ジャン(醤)」。
コチュジャンに薬味と調味料を加えて作る、さそう自家製の「ヤンニョンジャン」を使って、野菜料理、お肉料理、お魚料理の3品を作りました。

 

これがさそう自家製ヤンニョンジャン。これだけでお酒が進むという声も。

 

使い方は無限大!ヤンニョンジャンソースでバラエティ豊かな3品

このヤンニョンジャンを使って、お肉料理、お魚料理、野菜料理の3品を作ります。

 

まず、一品めはお野菜の料理。

うどのキンピラ入り生春巻き ヤンニョンジャン添え

 

 

さそうお料理教室の様子

写真は、生春巻きの巻き方のレクチャー。

カットした時に断面も綺麗に、デコボコしないまっすぐの筒状に、そんな美しい仕上がりにはちょっとしたコツがありました。

 

 

 

飛び入り参加の赤ちゃんも、美味しそうな香りに目が釘付けに。
大人な味覚をお持ちのようですが、離乳食もまだらしい。(将来はお酒好き??有望すぎる!笑)

 

続いて、お魚料理。

揚げ魚と新玉葱のヤンニョンジャン炒め クミンの香り

 

 

 

揚げ物というと、ハードル固く感じる方も多いかと思いますが、フライパンでササッと揚げ焼きすれば、後片付けも楽チンです。

 

 

そして最後は、お肉料理。

手羽中のココナッツミルク焼き 山椒の香り

 

これはかぶりつきたい!!

 

さそうお料理教室の様子

骨付き肉は、仕込みの段階で軽く切り込みを入れるのがポイント。
片手で簡単に食べられるのでパーティフードとしても嬉しい一品です。

 

 

タレに絡めて、トースターでこんがり焼けば簡単にできあがり!

 

 

ヤンニョンジャン、簡単に作れて何にでも合うソースです。
「いろんなものに合わせてみたい」「重宝しそう」と嬉しい感想もいただきました。

 

自分がお料理する時を想像しながら・・・

 

デモストレーション形式のお料理教室ですが、ご自身がお料理する時を疑似体験できるよう、プロと素人の手つきを見比べられる構成にしています。
ご自身で料理する時を想像して、気になったことは気軽に質問していただくスタイルです。

 

お料理教室では、写真撮影もOK。
ちょうどいい焼き加減や、タレとの絡み具合、カットの仕方など、それぞれの方が気になったところを記録されています。

料理の手順だけでなく、使っている調味料や調理器具について、道具の使い方についてなど、お客さまが色々と質問してくださるので、私も毎回新しい発見があって勉強になります。

 

宵の部は、フリードリンク。乾杯からお料理教室が始まります。

 

 

エプロンいらず、ほろ酔いでご機嫌なお料理教室。

 

次回は、梅雨の頃に・・・。
雨音をご馳走に、爽やかに晩酌できるお料理をご紹介予定です。
どうぞお楽しみに!

 

(参考記事)過去の開催レポート
春:『ひとつのソースでとりどりの肴。“さそう”こだわりのお酒と共に。』
夏:『ビールをもっと愉しむ!“さそう”のブレンドスパイスで作る、夏のおつまみ』
秋:『秋の夜長を愉しむ料理とワイン。旬のきのこを味わい尽くす』
冬:『さそう直伝“酒粕ソース”で愉しむ冬。店主こだわりの日本酒とともに。』
梅雨:『さそう直伝”梅干ソース”で身体を慈しむ。お酒とともに爽やかな梅雨の宴を』
真夏:『さそう流ガラムマサラで香り立つ酒肴!ビールと共に夏を味わう』
晩秋:『【ワイン×味噌】もてなし料理で暮れゆく季節を味わう』
立春:『さそう直伝”干し柿×生姜のソース” 日本酒香り立つ ぬくもりの宴』
初夏:『さそう直伝スパイス使い!自家製サルサソースでビールを愉しむ夏じたく
中秋:『さそう直伝 “いちじくソース”で味わう月夜の宴 ワインとともに』
春待:『日本酒誘う肴。豆とスパイスが織りなす春待ちの宴』
初夏:『季節を彩る特製パクチーソース。ビールとロゼワイン誘う初夏の宴』
秋夜:『 “きのこのオイル漬け×ワイン” 秋の味覚を味わい尽くす』

 

・・・・・・・・・・

季節のお料理教室FBページ
こちらのページでタイムリーに募集開始告知などご案内しております。
情報ご希望の方は、フォローして頂けましたら幸いです。

季節料理・酒処 さそう「季節のお料理教室」