blog

【麻布十番】新サロン(完全個室)でのテスト施術♫

ご縁あって、麻布十番での完全個室の施術サロン営業を検討しています。

今週は、いつも通ってくださっているお客様にご協力頂いて、試験的にサロンを開かせていただきました。

白を基調とした清潔感のある静かな空間。日中は柔らかな光が差し込みます。
ゆったりと過ごしていただけるプライベート空間なので、私自身も心地よく感じています。

お客さまからも「リラックス出来る」と、まずまずの嬉しい反応をいただくことができました。

 

今日お越し下さったお客様がイラストに施術の様子を描いてくださったイラスト^^
(これを眺めてむしろ私が癒されました( ´ o ` ) )

 

「定期メンテナンス」定期的に同じ方に診てもらっていると、そのときどきの状況に応じて対応してくれるのでありがたい(=゚ω゚)ノ

Puchimemoさんの投稿 2017年2月19日

 

完全個室の空間だと、音だったり、香りだったり温度だったり、五感で感じるものをお客様に合わせて調整しやすいのがやはりすごくいいなぁ。

五反田のサロンとはまた違った雰囲気なので、用途や気分に合わせて通い分けて頂けたらと計画中です!

ご興味ある方はいつでもご連絡くださいませ♫

 

 

Salon de omata

頭蓋骨(小顔)矯正・深層リンパドレナージュ(オステオパシー)を中心とした施術を行っております。

小顔やデトックスなど美容と健康のために、ストレスケア・お身体のメンテナンス、
ブライダルやパーティ、TV収録や写真撮影前のご準備など幅広くご利用頂いております。
※お洋服の上から施術致します。

サロン、または出張にて承ります。(完全予約制)

☆メソッドの詳細や施術家プロフィールはこちらをご覧下さい。

☆施術スケジュールはこちらからご覧下さい。
https://maisondeomata.com/salon-schedule

 

 

facebookページ

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

heraifu
家族のらくがきエッセイ。1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなどしています。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

 

ライブスケッチイベント『ペンの走る音』@ Neighborhood and Coffee 初台1丁目店

初台の大人なスタバ Neighborhood and Coffee 初台1丁目店で開催中の、和泉 守樹さんのライブスケッチイベント『ペンの走る音』。

 

昨夜お邪魔して、スケッチして頂いてきました♫

湯気の中に吹き消されそうな人(白ネコの夫)も描いてもらったよ。

 


嫁に消される・・・・・(けむり心の叫び)

 

使うのは太さの異なるボールペン数本のみ(ほぼ1本しか使わない)。
ものの10分ほどで雰囲気をとらえたスケッチが完成します。

 

柔らかな眼差しを通してするりするりと描かれる似顔絵。

人にじーっと見られるときのなんとも言えない居心地悪さみたいなものが全然無くて、会話をするようにスケッチが出来上がっていくっていう不思議な体験でした。

週末まであと数回開催機会があるので、ご興味持たれた方はぜひ!
https://www.facebook.com/events/1659207521049721/?ti=cl

 

帰りがけ、お店の外側からパシャリ。
モリキさんの優しい眼差しとみんなのスケッチ。

 

・・・・

この日は、友人でもあるイケメン店長佐藤さんの異動前最終日。
それを聞きつけた友人がたくさん行き交っていて、思いがけない人に会えたり、イラストのおかげですれ違いで来ていた友人の姿を見られたり。

こういう緩やかに交わる場って楽しいなぁ素敵だなぁ、誰かに会えるっていいなぁなんて事を思いながらニヤニヤしながら帰りました。

佐藤店長、今後はネイバーフットストアの奥沢二丁目店にいらっしゃるそう。
今度は自由が丘に会いに行こう♫

念願のクレームブリュレラテも飲んできたよ♫

 

 

 

facebookページ

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

heraifu
家族のらくがきエッセイ。1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなどしています。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

 

嬉しい気持ち残しておこうと思って。

朝から(というかここ数週間!)緊張しながら支度していたプレゼンが終わった!

その場で全部のお返事は頂けなかったけれど、すごぉーくやりたい企画が通って喜びに浸っております。
早く次の仕事しろって感じなのですが、へへへ。
嬉しいなぁ。頑張るぞ!

写真は、頂いた桃林堂のちびっこたい焼き。(instagramにあげたやつ。)

話と写真が全然関係ない感じですが、嬉しい気持ち残しておこうと思って。
苦しくなったら、このたい焼き見て初心思い出す!

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-02-14 | Posted in blogNo Comments » 

 

決意のじかん

週末の丑三つ時。
うっかり名刺が無くなる‼︎という危機で、デザイナーで叔母の典ちゃんに救って頂き入稿作業。(南無‼︎)

 

 

名刺って限られた小さい面積しかないから、自分のどの部分を切り取るかの取捨選択で毎回すごく悩む。
web中心の交流をしていると普段そんなに重要アイテムではない名刺。
だけど、印刷されるメディアって書き直せないから、自分が今何をしたいのか?とか、何者として立っていたいのか、心の声に向き合ってその時々の覚悟を決めて宣言する場だなって思う。

刷る時はいつもそんなことを考えて、仕事を見つめ直してみる。

 

 

facebookページ

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

heraifu
家族のらくがきエッセイ。1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなどしています。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-02-13 | Posted in blog, 働き方・しごとのことNo Comments » 

 

場の力、集まる人の魅力

今日は、今かかえてる課題の解決になりそうだよ!と友人に紹介してもらい、ライター交流会なるものに参加してきました。

【ライター交流会】地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜
https://contentz.jp/news/provinces-writer/
東京・五反田のコワーキングスペース「CONTENTZ」さん主催の企画。
ゲストとして登壇されたのは、地方でも活躍されている、赤坂太一さん、万谷絵美さん、松田 然さんのお三方。

※今日の内容に関しては、twitterの#ライター交流会 タグで描いてくれてる人がたくさんいるので、辿ると参考になりますよ。
https://twitter.com/hashtag/ライター交流会

 

コタツから登壇者の眺め。(コタツ!!!)

 

○○交流会ってあまり得意ではないのだけれど(名刺をトランプにしてポーカーしてる感じとか、そもそも大人数の初めましての人とお話しするの緊張するので)、今日の会は、なんだか場の空気が良くて、気持ちよく(変な消耗感なく)すごく勉強になって帰ってこられました。

ゲストのお話がすごくためになったのはもちろんのこと、懇親会時間も、場を繋ぐだけの当たり障りないトークに流されることが少なくて、結構具体的にお仕事の話ができる方に恵まれる有難い場だった。

 

ライターではないけれど、企画のアウトプットの手段としてだったりとか、コラムを書かせていただく機会で「書くこと」をさせてもらっている現在の私。
そんなライターとしてはヒヨッコですらないような人間が混ざってしまって大丈夫なんだろか・・・みたいな緊張が杞憂に終わって、たくさんのヒントだったり、助けてくれる人を紹介してもらうことができた。

これって、きっと、場が育んできた環境と、そこに集まる人のキャラクターが素敵なんだろうなぁ。

 

職業切りの交流会って、ある意味みんながお互い「競合」な場でもあるわけだけれど、ガツガツ奪い合うんじゃなくて、情報や経験をシェアしあったり、一緒にやれることを考えたり、自我を押し付けてくるよりは「聞く」が基本スタンスにあって、聞いてみて、自分の中にある役立ちそうなものをそっと取り出して渡す、そんな人たちに恵まれる時間でした。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-02-11 | Posted in blogNo Comments » 

 

新春!野望のかるた大会

旧正月の翌日、野望の商店街の仲間と一緒に小石川後楽園へ!

後楽園で僕と握手!
ではなく、
着付けしてお着物一行でお庭を見て、お抹茶点ててひよ子を食べ、書き初めが如く自分の野望を札に書き出してカルタ会をする!
という、お正月の楽しい事がめいいっぱい詰まった行事をやってきました♫

 

会場は、庭園内にある和室。

 

まずは、せっかくなので庭園を散策。
咲き始めの梅の花やたくさんの野鳥に会えました。

奥にジェットコースターやビル、東京ドームが見えるおおらかなロケーションがなんか良かった。

 


 

お部屋に戻って、いざかるた作り!
お茶とお菓子を楽しみながら、今年の野望を書き出します。

大家さんが福岡で買ってきてくれたひよ子。

 


すごくカジュアルに点てたお茶。

初めてお抹茶飲むという方々に、「思いの外飲みやすい!」「美味しい、お代わり!」と喜んでもらえたのが嬉しかった。

まずは純粋に、美味しい!愉しい!を入り口に、親しみを持つ仲間ができたらムズカシそうな日本の物と自分の距離って案外すぐに縮まる。
構えず自然なモチベーションで触れられたら、いいよね。

 

そしてこの日のクライマックス、かるた会!

仕事のことや、個人的なこと、家族のことなど、みんなの想い想いの野望が垣間見えて刺激をもらいました。

短時間で、さぁ書き出してみよう!という時にポンっと出てくる「これやりたい!」という気持ちはきっと本物。
書き出したことが実現するように、いろんなことにチャレンジしていきたいな。

 

野望の商店街
https://yabostreet.com/

小石川後楽園
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index030.html

 

 

facebookページ

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

heraifu
家族のらくがきエッセイ。1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなどしています。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-02-06 | Posted in blog, 着物・浴衣, 日本のことNo Comments » 

 

【 THE CONSES 】今月のコラム リリースされました「ひとつの命」

毎月連載させていただいている、ストーリーのセレクトショップTHE CONSESでのコラム。
1月分がリリースされました。

今回のテーマは「1」。

 

この年末年始は、「ローグ・ワン」「この世界の片隅に」と立て続けに戦争映画を見て、戦争や人の命について考える機会が多い時期でした。
そんな時、うちの庭に住むニャー子さんが命のことを教えてくれました。

 

人生の最初の1日のように大胆に、最後の1日のように大切に、そして自分の命と同じように、みんなの命も尊重して生きていきたい。

Consesさんの投稿 2017年1月31日

 

 

お読みいただけましたら嬉しいです♫

 

THE CONSES
「ひとつの命」
http://the-conses.com/2017/02/01/526

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

 

ナメコの乱!(その後・・・)

先日ご紹介した、我が家の育ちすぎたナメコたち。

(参考記事)
『我が家のキノコ騒動』
https://maisondeomata.com/archives/6579 

 

instagramではその後の話をpostしていたのですが、こちらでもまとめてみました。

 

 

収穫後、恐れ多くも勇気を出して食べてみました。

 

そのままの姿だと迫力が有りすぎる・・・ということで、細かく刻んでシチューにしてみることに・・・・

 

(茶色い子たちがナメコさまです。)

 

まだまだ存在感があるので、さらに蓋(パイ)をしてみた。

焼き上がり。

あ、意外と美味しそう?

 

 

いざ!

 

 

あ、美味しい。。

キノコなお出汁がしっかり出ていて、すごく美味しいポットパイでした。

これはお勧めできそうです。

 

続いて翌日。

今度は調子に乗って、そのままのお姿でいただいてみることに・・・・。

 

ガーリックとオリーブオイルで炒めて、バター醤油で味付け。

 

 

うん、なんていうか、ね。

 

・・・・・・・・。

猛々しくて、噛みきれない・・・。
きのこの味が強すぎで美味しくな・・、ごめんなさい。。

成長中の一時期、見た目がエリンギっぽかったのでやってみたのですが、違いました。(そりゃそうだ。)

 

この後、もう少し細かくして、玉ねぎとベーコンと炒めてパスタの具にしていただきました。
(残念な見た目なので、写真はありません)

 

ナメコは汁物に!!!!

これが、本日の教訓でした。

 

現在、次世代のみなさんがすくすくと成長中です。(同じ株で数回収穫できます。)
今度は適切なタイミングで刈り取ろう・・。

(すでに若干大きくしすぎた気がします。)

 

ちゃんと適切に調理すれば美味しいことが確認されたナメコ御一行さま。
(適切な時期に収穫したらきっとさらに良いハズ。)

霧吹きで水やりをするだけで、お世話も簡単です。
ナメコがお好きな方にはきっと喜んでいただけるハズ。

案外楽しい、栽培セットでしたよ。

と締めくくることとします。

 

 
※うちに来たのはRUSHさんの「MUSHROOM FARM」という商品だったのですが、売り切れとのことなので、日本一売れているというこちらのリンクを貼っておきます。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

instagram
お仕事のこと、暮らしのこと、家族のことなど、だいたい毎日更新しています。
https://www.instagram.com/omata_shoko

 

heraifu らくがきエッセイ

我が家(へらい家)のらくがきエッセイ

白ネコ姿の夫、へらい。
黒プードル姿の嫁、ばくら。
黄色いトラ姿の妹、りょちゃん。
同居してないのにやたらと登場する白トラ従姉妹、サヤカはん。などなど・・・

へらい家の日々のことをらくがきで綴ります。

 

最新エピソードはinstagamで更新中。

※記事のまとめは、tumblrnoteでもご覧頂けます。

 

facebookページ

heraifu
1コマ版の他、ブログ記事更新のお知らせなど発信しています。

 

maison de omata
ブログの更新情報などお知らせしています。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

 

ワインは楽しい!「2時間で学ぶ ワインの基本 ~今さら聞けないWineのBasic講座~ 」に参加してきました♫

先週末、大井町のシェアオフィス グランキネマで開催された、ソムリエールのカイト チカさんを講師にお迎えしてのワイン講座に参加してしました。

『2時間で学ぶ ワインの基本 ~今さら聞けないWineのBasic講座~ 』
https://www.facebook.com/events/226084994488845/

 

カイトさんには、みんな de 読書大学で大変お世話になっているのですが、紹介してくださるワイン(フードも!!)はいつもすごく美味しくてメロメロになるので、何としてでも参加するぞ‼︎と、鼻息荒く行ってきたのです。

 

 

お酒に弱いワタクシ。
ワインなんてもう、出たとこ勝負の1杯しか飲めず飲み比べ開拓とか出来ないからいつも博打だったのです。(でも飲みたいの・・・)
しかもワインって、名前も産地とかもカタカナばっかりでスタバのカスタマイズの呪文みたいじゃない? 謎過ぎて…。

どこから手をつけたら良いのやらわからぬまま今まで来ました・・・。

 

そんな私の悩みに応えてくれるかのごとく!
講座では「代表的なブドウ4品種」の特徴や地域ごとの特性を体系立てて整理しての解説&飲み比べをさせて頂けました。

 

控えめに言って、すごいわかりやすい!!!(興奮っ)

講座内容に言及することになってしまうので詳しくは書けないのですが、カイトさんオリジナルの一覧表を見せていただきながら、頭のなかで「こうやって考えたら良いのね!」という枠組みを習えました。
自分の好みの探り方や、お店でのワインの選び方の手がかりを教えてもらえた‼︎という感じです。

奥深い世界だし、色々飲んでみて経験しないと「わかる」までの道のりは長いですが、これまでのモヤモヤがスッキリ解決する講座でした。

加えて、お店でのワインの注文の仕方や飲み方、ワインを買うのにオススメのお店(まさかのお店!!)などなど周辺情報も惜しげなく教えていただきました。ホックホクです。

 

もうワイン怖くないっ!!もっと楽しめるものになりそうでワクワクした気持ちになりました。

 

フードペアリングの提案もみんな美味しくって。。


予約注文しないとテイクアウトできない「OGINO」のパテ・ド・カンパーニュとか(震)、「キリーズ フレッシュ」のバゲット、オリーブやチーズ、出来立てのパスタのサーブまであって幸せ過ぎました。

フードペアリング、味の特性を見つめていくと「魚だから白」「肉だから赤」という枠を超えて、味わいに合わせて取り合わせを考える思考がすごく参考になりました。
人をお招きして料理を出す際にもすごく役立ちそうです。

 

こちらは、栗の蜂蜜。 (カイトさんがお友達に頼んでイタリアで買ってきてもらったものをご相伴♫)
初体験なお味。ちょっとスモーキーというか、不思議なほっくり加減の大人の蜂蜜でした。
チーズやワインにぴったり。

 

カイトさんの「ダメなワインなんてないんです。全てのワイン(作り手)をリスペクトしてます」という愛のある言葉が印象的でした。

 

また行ぎたいっ!!と鼻息荒くなる楽しい学びの場でした。

 

もっとワインも楽しむぞーっ!

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-24 | Posted in 暮らすこと・食べること, blogNo Comments » 

 

ちびっこアマゾンダンボールで贈る「Amazonギフト券」

先日、お世話になっている方にささやかなお祝いをする機会がありました。

本に関わるものが差し上げたくて検討していたら、こんなものに出会いました。

カードケースサイズのアマゾン段ボールに入ったAmazonギフト券。
ガムテープ部分も印刷で再現されていて、マグネットで蓋が閉じる仕様。

かっ・・可愛い!!!

ものすごい簡易包装(プチプチの封筒にそのまま入った状態で届いた)で届くので、そのまま先方へ贈る場合には向いていませんが、プチギフトとして手渡しするのにはなかなかいい感じです。

 

届いた商品にリボンがけしてみました。

ちょっとだけおめかししたアマゾン氏。(いつもよりドヤ顔感が増したような・・・)

 

他にも、メールで贈るものや、印刷型、グリーティングカード型、缶入り型などありました。
(缶入りはキズが付いているものも多いとレビューにありました。要注意なのかも。可愛いデザインなので欲しかったのですがレビューを読んで今回は見送りました。)

もちろん価格も選べるので、用途に合わせて色々と活用できそうです。

 

Amazonギフト券(ボックスタイプ)

https://goo.gl/ku8vcf

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-24 | Posted in おくりものNo Comments » 

 

我が家のキノコ騒動

事の起こりは年末。
夫が会社の忘年会の景品で「ナメコ栽培セット」なるものをもらってきたのでございます。

一昔前にナメコを育てるゲームがありましたが、そんなヌルい遊びではございません。

こちらは切り株みたいなのでナメコを育てるガチなやつです。

夫の会社はIT企業と聞いていましたが、キノコ農家疑惑が・・・。

エンドレス収穫できるナメコを夢見て浮き足立つ我が母と、嬉しそうにいそいそと栽培環境整えておりました。

最初はしっかり水浸しにして、そのあとは日々霧吹きで水分を与えます。
(帰宅後の楽しみが増えた模様)

何にもなかった切り株ちゃんにちょっとずつ小さなキノコが現れて、

すくすくと、すくすくと育って・・・・・

 

 

育ちすぎた。
気づけば、もうナメコと分からぬお姿にまで成長していました。

なんと一番大きい子は全長16cmほどに・・・。
(「スマホより大きい・・・」と呻く妹。。)

もうここまできたら、最後にどうなるかまで見届けようかと数日のあいだ様子を見ていたのですが、だんだんとシナシナになってきてお気の毒なお姿に・・・。

 

というわけで、今宵キノコ狩りをいたしました次第です。

 

普段使っている大きめのまな板が小さく見えるほどの存在感を放つナメコ御一行さま。

立派なお姿を見るにつけ、夫は血迷ったことを言っておりました。
(庭がナメコに埋め尽くされるのはご遠慮申し上げたい・・・)

 

さて明日、勇気を出して食べてみようと思っております。

果たしてお味やいかに・・・・・。(みなさん、我々の無事を祈っていてください。)

 

そしてキノコ狩り跡地には、すでに次世代のみなさんが成長を始めておられるご様子。
キノコ様の生命力にただただ圧倒される我が家です。

 

 

 

 

 

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-24 | Posted in blog, heraifu -らくがきエッセイ-No Comments » 

 

ノマドプロダクション様「新年賀詞交換パーティー2017」にて和装のお手伝い

一般社団法人ノマドプロダクション様の「新年賀詞交換パーティー 2017」にて和装のお手伝いをさせていただいてきました。

 

ノマドプロダクションさんは、アートプロジェクトに関わるプロデューサーやマネージャー、エディターなどフリーランスの方々によって組織されており、地域や形態を問わず、多彩なプロジェクトの企画・提案/制作・運営や、それらの体験価値を伝える広報ツールやドキュメントの編集・制作などを手がけていらっしゃる団体です。

 

新年の企画、せっかくなので和装を!ということでお声がけいただき、みなさんの着付けをさせていただいてきました。

 

日頃からアートに関するお仕事に携わるみなさま。
久々に着物をお召しになるとおっしゃる方も多かったのですが、みなさんすごく素敵なスタイリングでご用意されていて、着付けさせていただきながらすごく楽しませていただきました。(眼福です♫)

 

墨絵画家の鮫島圭代さんは、なんとご自身の墨絵作品のお着物を!
シックな帯揚げと帯締めを合わせたモダンなスタイリングは渋カッコよかったです。

 

みなさんの着付けのあとは、そのままパーティにもお邪魔させていただくことに。

会場は、田町にあるSHIBAURA HOUSE(妹島和世さんの建築です。)

 

江口研一さんケータリングのお料理を楽しみながら、オリジナルカルタによるカルタ大会(アート関連の素敵な景品がたくさん!)や、給湯流茶道 家元(仮)さんのパフォーマンス、あっという間の素敵な時間。

ケータリングのコンセプトは「A NOMADIC FUSION
移動し、人と出会い混ざり合う。それぞれの文化のいいところが補い合えるフードとドリンク。

ベリーのシロップのソーダ割りがすごく美味しかったです。

 

筆ペンで描かれたオリジナルカルタ。デザートの最中も美味でした♫

 

衝撃の「給湯流茶道」
http://www.910ryu.com/

戦国時代に千利休が興した茶の湯。現代のビジネスパーソンの戦場であるオフィスビルの給湯室で抹茶をたてようと提案する給湯流茶道さんのパフォーマンス。
「現代の侘び寂び」とは何か?という問いや、茶器選びが深くアグレッシブですごく面白かったです。(みなさんもぜひリンク先読んでみてください!!)

 

普段の仕事とはまた少し違う業界のみなさんから楽しいお話もたくさん伺えて、楽しく過ごすことができました。

お声がけありがとうございました。

 

 


大勢の方への着付などの場合、和装企画でも洋装で出かけたりします。
和装と洋装のどちらかに固執したり、離して線引きするというよりも、その日の予定や用途で両方を自由自在に行き来できる人でありたいなぁと思っています。

というか、お正月に一回り成長した(物理的な意味で)ワタクシとしては、元のサイズの服が綺麗に着られる身体に戻したい・・・と念じる今日この頃です。(今年は運動しようと思う。)

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-14 | Posted in blog, 着物・浴衣, 日本のことNo Comments » 

 

2017年 酉年の初釜

昨日は、お茶のお正月「初釜」でした。

 

 

お天気も良くて、ポカポカとした日差しの中で新年のお祝い。

今年はカッチリしたお茶事ではなく、お稽古の延長でゆるりとやりましょうという和やかなものでした。

 

 

お正月のお菓子「花びら餅」。
京都のお雑煮に見立てた白味噌の餡と鮎に見立てたごぼうを羽二重餅(求肥)で包んだお菓子。
ポータブルお雑煮(?!)です。

 

 

 

今年の干支の酉もそこここに登場します。

 

 

 

 

改まった気持ちで新年の挨拶をすること。
気持ちがシャキッとしたり晴れやかになる時間。

朝は眠いですが(また言ってますが・・・)、やはりこういう機会があるのって良いものだなぁなんて有り難みを感じる次第です。

改めまして、今年もよろしくお願いします!

 

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-14 | Posted in blog, お茶・茶道, 日本のことNo Comments » 

 

日本の素敵なものたちをもっと伝えたい

今日はすごく胸が熱く(鼻息が荒く⁈)なる打ち合わせに行ってきました。

ずっとずっと、どうにかしたいと思っていること。
消えゆく日本の素敵なものたち。

いらないから淘汰されるんじゃなくて、必要な人はいるのに知られてないから、魅力が伝わってないからなくなりそうなものは、大きな声を出したら良いんじゃないか。

着物や地方の食べ物や工芸品。
大好きなもの、面白いもの、日常生活でお世話になってるものって、たくさんある。
その事をもっと伝えていきたい。

その1つの方法を素敵な企業さんとやらせて頂きます。
また発信出来るタイミングになったらこちらでもお知らせさせてください。

みなさんに読んでいただいて、共感していただけたらきっと広がっていくものだと思うので。
みんなで良いものを知って親しんで、愉しんでいけたらいいな。

まずはすごく嬉しかったのでこの思いを残しておこうと思います。

 

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-12 | Posted in blog, 日本のことNo Comments » 

 

土のそばで感じる季節

お茶のお正月「初釜」。
今朝は、その準備のお掃除で先生のお宅へ伺いました。

今日の私の担当は、路地と呼ばれる茶室のお庭。
落ち葉を掃いて拾って、お水を撒いて飛石を磨いて。

 

いつもと違う高さからの景色。
暖かい土の上で寝ているダンゴムシ御一行に迷惑そうにされたり(思わず話しかけてしまった)、秋の炉開き前のお掃除の時とは草花の様子や苔のむしかたも違って、季節の移り変わりが実感できる時間。

朝起きた時は「寒いよぅ、行きたくないよぅ」と思いながら支度するのだけれど(どないやねん…)、こうやって季節を感じられるのは悪くないなぁと思うのでした。

そして亀の子タワシ先輩の底力に圧倒され(しなやかで傷まず、痛ませず石を磨けて、強い!)、有り難みを知る時間であります。ロングセラーは伊達じゃないっ。

 

お掃除からも四季を愉しめる時間があるのだなぁと気づけてすごく嬉しかったのでした。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-10 | Posted in blog, お茶・茶道, 日本のことNo Comments » 

 

【 2月11日 季節のお料理教室 】『さそう直伝”干し柿×生姜のソース” 日本酒香り立つ ぬくもりの宴』開催いたします!

こちらのイベントはお陰様で全会満席となりました。
たくさんのお申し込み、お問い合わせありがとうございました!
ご参加くださる皆様、当日をどうぞお楽しみにお待ちくださいませ♫

次回の企画もまた2月後半にご紹介させていただく予定です。
引き続き、よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

池尻大橋の銘店「季節料理 酒処 さそう」にて、
お料理とともにお酒も愉しみながら学べるお料理教室。
旬の食材の活用方法や季節ならではの愉しみ方を提案する当企画、「立春の会」を開催致します!

立春の頃は1年の中で最も寒さが厳しい時期。
日本酒を味わいながら、身も心も温まる宴を愉しめるお料理をご紹介いたします。
お申し込みはこちらのページから
(2017年1月7日 9:00より募集開始致します)
昼の部:http://peatix.com/event/228248 満席となりました!
宵の部:http://peatix.com/event/228249 満席となりました!

 
(参考記事)過去の開催レポート
春:『ひとつのソースでとりどりの肴。“さそう”こだわりのお酒と共に。』
夏:『ビールをもっと愉しむ!“さそう”のブレンドスパイスで作る、夏のおつまみ』
秋:『秋の夜長を愉しむ料理とワイン。旬のきのこを味わい尽くす』
冬:『さそう直伝“酒粕ソース”で愉しむ冬。店主こだわりの日本酒とともに。』
梅雨:『さそう直伝”梅干ソース”で身体を慈しむ。お酒とともに爽やかな梅雨の宴を』
真夏:『さそう流ガラムマサラで香り立つ酒肴!ビールと共に夏を味わう』
晩秋:『【ワイン×味噌】もてなし料理で暮れゆく季節を味わう』

 

 

今回のテーマは、『干し柿×生姜のソース

 

『さそう直伝”干し柿×生姜のソース”  』で作るお料理を提案します!

組み合わせの妙やスパイス・香草・薬味使いに定評のある、さそうのエッセンスを加えた日本酒にぴったりのお料理を作ります。

 

お野菜、お肉、お魚。
シンプルなお料理を「干し柿×生姜のソース」で特別な一皿に。

せっかく頂いたけれど・・・・、買ったはいいけれど・・・と持て余してしまいがちな食材の活用方法や、干し野菜の活用方法に関してのリクエストも頂いておりましたので、そういった視点でも参考にしていただけると大変嬉しく思います。

冬は日本酒の美味しい季節。
みなさまと温かく和やかな時間をご一緒させていただけましたら幸いです。

『さそう直伝”干し柿×生姜のソース”  日本酒香り立つ ぬくもりの宴』

日時:2月11日(土)
昼の部 12:00〜14:30
宵の部 17:00〜19:30

場所:季節料理・酒処 さそう(池尻大橋駅徒歩3分)
http://sasou-kisetsu.com

持ち物:筆記用具
※料理人の手元を間近にご覧頂くデモストレーション形式のため、エプロン不要です。
初心者の方もお気軽にご参加下さい。

お申し込み(2017年1月7日 9:00より募集開始致します):
昼の部:http://peatix.com/event/228248 満席となりました!
宵の部:http://peatix.com/event/228249 満席となりました!

 

対象者:
お料理初心者、お酒好き、普段とはひと味違うお料理を作りたい方など、食にご興味のある方でしたらどなたでも。
お1人でも、大切な方とご一緒の参加も大歓迎です。
一緒にお料理もお食事&お酒も愉しみましょう。

※お料理にはエスニック要素(パクチーなど)のあるものも含まれます。

 

『さそう直伝”干し柿×生姜のソース”  』を使って、野菜料理、お肉料理、お魚料理の3品を作ります。
日本酒と共に、出来立てを召し上がって頂きます
ゆったりとした居心地の良いカウンター席でお酒を片手に、佐宗さんの手さばきを間近で見ながら学べます。
相性の良い食材や、お勧めの調味料、プロならではのコツなど、お料理のポイントも色々教えて頂きます。
少人数制での開催のため、みなさまと和やかに交流しつつ、質問などもしやすくなっています。
気になったことは、ぜひお気軽にご質問くださいませ。

*作った「干し柿×生姜のソース」はレシピと共にお持ち帰り頂けます。
ぜひご自宅でも実践してみてください。

 

講師プロフィール

佐宗桂
辻日本料理専門学校を卒業後、創作懐石料理、家庭料理をメインに、エスニックやビストロでも経験を積む。2013春、池尻大橋に”さそう”をオープン。
NHKラジオレギュラー出演、料理雑誌ダンチュウや食楽、料理通信にてレシピ公開を手がけるなど活動は多岐に渡る。
◆季節料理・酒処 さそう:http://sasou-kisetsu.com/

 

 

季節のお料理教室FBページ
こちらのページでタイムリーに募集開始告知などご案内しております。
情報ご希望の方は、フォローして頂けましたら幸いです。

 

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

 

「この世界の片隅に」淡々と続く日常から伝わる戦争の実感

ここ数日、頭の後ろの方にずっと残ったまま、ずっと何かを考え続けているような、何かを思っているような感覚があって、すぐボーっとしてしまう。

お正月明けに、やっと「この世界の片隅に」を観に行った。
こうの史代さんの漫画を原作としたアニメ映画。
戦争の時代を生きた女性の日常を淡々と描いた作品だった。


観終わって映画館から出てきたところで、「やっぱり観にきてよかったね」と、夫とひとこと交わして、その後は2人とも無言でそれぞれ映画の事を思いながら家路についた。

それから数日、ずっと心のどこかでこの映画のことを思い出している。

 

なんと言うか、戦争がダメだって身に染みて感じたと言うか、戦争ダメなのは当たり前なんだけれど、その「当たり前」のダメをひしひしと実感する、そんな映画だった。
子供の頃、初めて原爆記念館に入った時の衝撃に近いものを、全然違う形で静かに受け取ったような気がした。
少女から娘になってお嫁に行って、戦況が悪くなる中日々暮らして終戦を迎える、主人公の戦時中の日常をほんとに淡々と描いていく。
主人公のおっとり柔らかいキャラクターの存在感もあって、全体のトーンは穏やかで小さな幸せや笑いがたくさん転がっている内容なのに、家族との笑いあう時間と同じように普通の事としてどんどん人が亡くなっていく。実家のある広島には原爆まで落とされる。

 

例えば、「火垂るの墓」を子供の頃見た時に感じたのは、強烈な悲しみや可哀想という感覚だった。辛いから観てられない、そんな映画だった。
画面の中の辛い出来事から目を逸らしたくなる感じ。子供の頃一気に観ることが出来なかった。

戦争に行った祖父の話を聞くときも、あまりのことに衝撃が強過ぎてリアリティとは違うものだった。(そんなこと絶対繰り返したくないと強く思う意味では話が聴けて本当に良かった。)
すごく戦争の悲惨さが伝わってくるけれど、自分の世界とかけ離れ過ぎていて(そういう生活ができている今がとてもかけがえがないのだけれど)、想像が追いつかない、実感とは違う世界。

 

一方で、この映画は、親戚のオバちゃんとして子供の頃から主人公を見守っているような感覚でいて、自分も画面の中に溶け込んでしまっている気分になるというか、嬉しいことも悲しいことも画面から溶け出してきて自分ごとのように感じる、そんな視点で見守るような映画だった。
だから「可哀想(他者視点)」がなくて、悲しい出来事はひたすら辛く胸にのしかかる。自分ごとのようにしんどい。

寿命や病気や事故で身近な人が亡くなる、どんなに仕方のない状況でのお別れでもそれはとても辛い。
でも戦争って「仕方のないこと」じゃないよね、やらなきゃいいんだよね。
彼らはなんで死ななければいけなかったんだろう。
なんであんなに苦しんだり我慢しなくちゃいけなかったんだろう。

ああ、戦争ってほんとにやっちゃダメだ。何も良いことない…。
当事者性を感じる不思議な感覚の中で強くそう思った。
災害や戦争などで、「○万人が犠牲に」と聞くと、恐ろしい数にそれだけでもショックを受けるけれど、「〇〇さんが亡くなった」とただ1人の死を聞くときはまた違った重みと悲しみが訪れる。

人間の想像力には限界がある。
だから、自分の暮らしの延長のようなところに潜む戦争の恐ろしさを垣間見ると、リアルな戦闘シーンを見る時とは違う実感があるのかもしれない。

 

まだうまく言葉にしきれていないけれど、ちょっとだけ整理されてきたので感覚のあるうちに思ったことを残しておこうと書きました。
ただ知ってるのと、疑似体験でも感じるのって全然違う。
観に行って良かったと思う映画でした。

まだ上映している映画館も多いので、観てない方はぜひご覧になってみてください。

この世界の片隅に
http://konosekai.jp/


原作の漫画はこちら。(上中下の3部作です)

 

 

 

初めて読んだこうのさんの作品はこちらでした。
戦後の広島で生きる女性のおはなし。

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

 

2017年 施術初め

今年の施術初めは横浜サロンから。

お正月明けの重たい身体のデトックスと、風邪予防に大活躍のお抹茶でリラックスタイム。
やっと本来のお姿で登場のお抹茶さまでありました。
(年末はショボンケーキでの活用ばかりだったので・・)

 

 

深層リンパドレナージュや頭蓋骨・小顔矯正の手技を中心とした施術にて、健康的に体の内側から美しくするお手伝いをしています。

今年も心身ともに、健やかに美しく過ごしたいですね。

 

1月の施術スケジュールはこちらからご覧下さい。
https://maisondeomata.com/salon-schedule

 

今年もよろしくお願いいたします!

 

 

Salon de omata

頭蓋骨(小顔)矯正・深層リンパドレナージュ(オステオパシー)を中心とした施術を行っております。

小顔やデトックスなど美容と健康のために、ストレスケア・お身体のメンテナンス、
ブライダルやパーティ、TV収録や写真撮影前のご準備など幅広くご利用頂いております。
※お洋服の上から施術致します。

サロン、または出張にて承ります。(完全予約制)

☆メソッドの詳細や施術家プロフィールはこちらをご覧下さい。

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-06 | Posted in blog, からだのことNo Comments » 

 

あなたはいくつ見つけられるか?! ◇◆トリ尽くし年賀状◇◆

2017年は酉年!
我が夫が酉年生まれなこともあり、今年の年末年始はトリのことばかり考えていました。
元旦に羽田に行ったときにももうトリばかりが目に入ってきて・・・。

そんなわけでトリ脳な小俣からみなさまへ、今年の年賀状をお届けします!

 

2017年 年賀状

 

年男の夫へらい。

普段はcatリーマン(会社員)ですが、今年のお正月は、都立大前のスケートリンクに「tattoria Tori Year(トラットリア トリヤ)」というお店をエクストリーム出店しました。(家具はニトリで揃えました。)
取締役として、跡取りのハムスターと共に取り仕切っとります。

世間で取り沙汰される「エクストリーム○○」がまさかこんな形でやってくるとは・・・。
テトリスばっかりやってる間に取り潰されないかしら??なんて、取り越し苦労で取り乱しそうになりながら見守っている次第です。

ここまでお読みいただき、きっとみなさんはお悟りくださったと思いますが、世の中のとりとめのないやり取りの中にはポトリぽとりと、トリが隠れているものです。

お時間にゆとりのある方は、トリをカウントしてみてください。
取りきっていただけましたら幸いです。

皆様に、とりどりのうっとりするようなHAPPYが訪れますように。

海のほとり横浜より愛を込めて。

 

(画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。)

※この記事の最後に、紙面のトリ一覧載っとります♫

 

【 instagram 】
https://instagram.com/omata_shoko/

【 note  (らくがきエッセイ集) 】
https://note.mu/heraifu

【 tumblr (らくがきエッセイ集) 】
http://omata-shoko.tumblr.com/

【 facebookページ 】
小俣が主催するFBページです。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

取り急ぎ、年賀状の中に隠れるトリをとりまとめました〜。
(他にも何かみつけたら教えてくださいませ♫)

・とりどりの
・トラットリア
・とりや
・マトリョーシカのストリップ
・キトリのおどり
(妄想ver.スケートリンクでキトリの踊り、トリプルアクセル入り)
・海のトリトン
・トリセツ
・とりかえばや
・湖のほとり
・耳をすませば(=カントリーロード)
・マトリックス
・トリコ
・トリコロール
・タンドリーチキン
・トリハダ
・とりあえず
・トリス
・トリニティ
・ソフトドリンク
・トリッパ
・トリュフ
・しっとりケーキ
・青リンゴのレコード(デイ・トリッパー)
・太りにくい
・関取体型
・やっとりますか?
・千鳥足
・ストリート
・取り皿
・取きれない
・蚊取り線香
・お取りできます
・お一人さま

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-02 | Posted in blog, heraifu -らくがきエッセイ-No Comments » 

 

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
旧年も大変お世話になりました。

2016年を振り返ると、思いがけず頂いたお仕事がすごくやりがいのあるものだったり、ずっとやりたかったことに一歩近づけるようなチャンスをいただく機会に恵まれたり、素敵な仲間とチームを組めたり、すごく充実した1年でした。

これまで積み上げてきたものを活用する仕事、作る仕事、書く仕事でお声をかけていただけたのが中でもすごく嬉しかった。

反省もあるけれど、ほんとにいい1年だったのです。

2017年は、2016年に頂いたチャンスを、今度は自分のものとして磨き上げていけたらと思っています。
もっと自分に正直に、つきつめて、やりたいことにふんばる!そんな年にしたい。

なんて言いつつ、2016年の年末は大晦日ギリギリまでてんてこまいしていまして、しっとりしたシフォンケーキ(ショボンケーキ)を作って精神統一を図る(結局心乱される・・・)以外はバタバタとしたまま終えてました。

とりわけ、自分のことをやる時間を取り損ない、年賀状は元日にしたためました。
生産性あげて、ゆとりある時間の使い方をすることも今年の目標です。

 

みなさまと、愉快であたたかく愉しい一年をご一緒できたら嬉しいです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

大晦日の深夜は、我が家に泊まっていた従姉妹をお仕事先に送りに羽田空港までドライブ。
(従姉妹サヤカはんは昨年たくさん小俣家に登場した愉快な子です。彼女の話はinstagramFBページにも描いているのでよかったらご覧ください!)

 

デッキで初日の出を拝んで振り返ると、綺麗な富士山も顔を出していました。
JALの赤い鶴トリオもなんともおめでたい感じですね。

 

帰りがけに、空港内のローソンでこの子たちと目が会って連れて帰ってきました。(からあげクンまん可愛すぎる!!)
酉年の朝に、“羽”田空港でめでたい尽くし。なんとも良き元旦となりました♫

 

 

【 2017 年賀状 】
今年の年賀状もトリ尽くし。紹介ブログを書きましたので、よかったらご覧ください。

『あなたはいくつ見つけられるか?! ◇◆トリ尽くし年賀状◇◆』

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2017-01-02 | Posted in blogNo Comments » 

 

ショボンケーキの作り方(抹茶シフォンケーキ エレジー)

京都辻利のお抹茶をたくさんいただいて、飲むだけでは使い切れず、母と活用方法を考えている今日この頃。

私はお菓子担当ということで、抹茶シフォンケーキ(祖父が好きなんだそう)を作ることに。

普段は大雑把な料理ばかりしている私ですが、お菓子は計量が命!
シフォンケーキはメレンゲが肝!

ということで、真面目にレシピ通りに作ったのですが・・・・

 

あれ?? 膨らまない・・・・。
(悲しさのあまり、ガトーショコラのフリをさせました・・・)

妹に「ふわふわの上質なスポンジケーキw」と言われた・・・(´・_・`)

 

 

第2夜
気を取り直して、翌日の夜中に再びのトライ。

ぬーん・・・・・。

ちなみにこの日は米粉で作ってみたのですが、しっとりしていて、口の中でシュワっと溶けてなくなるスフレのような (よく言い過ぎな気がしますが)感じの仕上がり。

「むしろ、これが美味しい!」と謎の好評を得ました。
でも、私はシフォンケーキが作りたいんだよぅ・・・(涙)

 

そして第3夜。

・・・・・・。
やはり膨らまず…。
(これまで型にオイルやバターを塗ってたのをやめて壁面に生地がしがみつけるようにしてみた。が、変わらなかった・・・・。)

父に「ショボンケーキ」と命名されました (´・_・`) (´・_・`)
(シボむ×シフォンでショボンって言ったみたいだけど、いやむしろションボリのショボンだよ・・・)

帰省途中でやって来た従兄妹や、寄生中(?!)の従姉妹にも食べてもらい、意外と人気メニューです・・・・。

(落書きエッセイにも書きました)
heraifu 182 膨らまぬ…|heraifu|note
https://note.mu/heraifu/n/n44347107b718

 

ショボンケーキレシピ

<材料>
(17cmのシフォン型1個分)
米粉 60g
抹茶 10g
砂糖 80g
卵黄 M4
卵白 M4
水 60cc
サラダ油 40cc

<手順>

1、粉類を合わせてふるっておく。

2、卵黄に砂糖1/3を加えて泡立て器で白っぽくなるまで泡立てる。

3、サラダ油を少しずつ加えながらさらに混ぜる。

4、別のボウルに卵白を入れ、角が立つまで泡立ててから、残りの砂糖を少しずつ加えさらにしっかり泡立てて(親の仇が如く泡立てました・・・)、硬めのメレンゲを作る。

5、3に4のメレンゲを1/3加えて、よくなじませてから残りのメレンゲを加えてさっくりと混ぜる。

6、生地をシフォン型に流し入れ、型を10cmくらいの高さからトントンと落として生地を落ち着かせる。(シフォン型にバターなどを塗っておくと、膨らむ途中で滑り落ちていい感じにしっとりしぼみますヨ・・・。)

7、180℃に熱したオーブンで約30分間焼く。

8、焼きあがったらひっくり返して十分に冷まし、型に沿ってナイフや竹串を入れて型から外す。
(バターを塗った型で焼いた日は、ひっくり返して冷ましていたら、スコッと落ちて、ナイフで外す手間いらずだったヨ・・・)

ガトーショコラのようなカットをして盛り付けたら出来上がり!!・・・・・orz

 

失敗しない美味しい抹茶シフォンケーキの作り方ご存知の方、ぜひ教えてください・・・・。南無。

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2016-12-31 | Posted in 暮らすこと・食べること, blogNo Comments » 

 

May CARRIE FISHER’s soul rest in peace.

今朝は、とても哀しい知らせで目が覚めた。
スター・ウォーズ シリーズのレイア姫役でブレイクし、女優・作家として活躍したキャリー・フィッシャーさんの訃報。

「キャリーはルーカスフィルムで働くすべての人の心の中の特別な場所にいます。彼女のいない世界を思い描くのはとても難しいことです。彼女は世界にとってレイア姫であり、私たちすべての特別な友人でした。 不屈の精神を持ち、すばらしく機知に富み、そして…

Star Warsさんの投稿 2016年12月27日

 

ローグ・ワンを見て、ジンから希望を託されたレイアがEP7ではレイにそれを託す、スターウォーズってそういう物語でもあるのだな、と思った。
(SW出てくる男子はだいたいヘタレだからね。。)
すごくD社的女性活躍の描き方だなとは思ったけれど、彼女が演じるレイア姫だからそれが嫌ではなかった。

子供の頃から、ディズニープリンセスよりスターウォーズが好きだった。

対等なパートナーシップ、女性であっても自分の考えをちゃんと主張してもいいということ、勇ましく前に出ていいんだ!ということ(私は大層偉そうで主張の強いお子様だったらしい・・・、そして鬼嫁というダークサイドに至るわけだけどその話はさておき。)。
それはレイア姫の影響が大きいのかもしれない。
当然の権利!と思い続けてきたけれど、赤ちゃんの頃から見続けた映画が別のものだったら全然違う価値観で育ったと思う。

キャリーフィッシャーご本人も、現実世界で諦めずに戦い続ける人だった。
世界中からブスと言われ、痩せないと出させてやらん!と制作サイドからもプレッシャーをかけられ続ける過酷な状況で踏ん張り続けて、イケメンには振られるし、時にはドラッグのダークサイドに落ちてしまいながらもライトサイドに戻ってきた彼女。

 

実を言うと、
「EP4のお団子頭のレイア姫とEP6のビキニ姿のお姉さんが同じ人だ」と子供の頃知らなかった。

ある程度大きくなって観たときに、(実はこの時やっとストーリーの全体像も把握した)、「あ!この人同じレイア姫だったのね。」と初めて認識できたのだだった。

努力して磨くことで、自分自身を美しく輝かせることができる。(すごい女優魂)
そのことを体を張って見せてくれたのも彼女だった。

ありがとう。
どうぞ安らかに。

 

今夜はEP7を観る予定だったのだけれど、彼女の自叙伝映画「ハリウッドにくちづけ」も借りてこようと思う。

 

(追記)
彼女の半生をラジオで町山智浩さんが語ったものの書き起こしがありました。

「町山智浩 キャリー・フィッシャーを語る」
http://miyearnzzlabo.com/archives/41439

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2016-12-28 | Posted in blog, 映画・観劇No Comments » 

 

五反田サロンお仕事納め

今日は、五反田サロンでのお仕事納め。
施術の合間に私もお茶を頂いています♫

アップルジンジャーティでぽかぽか。
今年は、このカフェとの出会いがあって、新たなお仕事やお客様にも出会うことが出来ました。
こうやって人のご縁で紡がれていくのがなんとも心地よく幸せだなぁと感じる年の瀬です。

 

仕事納めとinstagramで言っていたら、お客様がお花をプレゼントしてくださいました。
嬉しいおくりものでした。

 

年明けのご予約承りスケジュールはこちらをご覧くださいませ。

https://maisondeomata.com/salon-schedule
来年もよろしくお願いいたします。

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

 

【 THE CONSES 】12月のコラム リリースされました!

毎月連載させていただいている、ストーリーのセレクトショップTHE CONSESでのコラム。
12月分がリリースされました。
今月のテーマは、クリスマス。

夫の母との話を書きました。

 

オカンサンタと贈り物。

Consesさんの投稿 2016年12月25日

 

お読みいただけましたら嬉しいです♫

THE CONSES
「オカンサンタと贈り物」
http://the-conses.com/2016/12/26/332

 

 

小俣荘子(omata shoko)
クラシノキカク 代表 / ディレクター・コラムニスト・施術家
衣食住にまつわるコンテンツの企画・ディレクション。頭蓋矯正と深層リンパドレナージュを中心とした身体を美しく健康的に整える施術。
「心地よい暮らし」を切り口に、心と身体の双方から健やかに日々を愉しむ提案をしています。

2016-12-26 | Posted in information, blog, おくりものNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 18